メインビジュアル

有吉弘行が、深夜でしか扱えないディープな話題を“毒っ気”のある目線で切り込む番組『有吉ジャポン』(TBS系、毎週金曜24:20~)。3月22日の放送では、元欅坂46今泉佑唯が出演し、有吉が「セクハラになるけど」と言いつつ本音を語る一幕があった。

欅坂46を卒業し、テレビドラマや映画など女優業にも挑戦している今泉。昨年には写真集「誰も知らない私」(主婦と生活社)をリリースし、10万部を突破したという。

そこで彼女の写真集の一部を見てみることに。水着姿の今泉を見た有吉は「こういう言い方すると最近はセクハラになっちゃうんだけど」と前置きした上で「デカパイだな」と一言。さらにミニスカートで自転車に乗り、こちらを振り返っている写真には「いいじゃない。日常の一コマを切り取ったのがいいのよ」と熱弁した。

そんな彼女は2LDKに一人暮らしだというが「見栄を張りすぎた」と、一部屋余っていることを語る。有吉も同じ間取りに住んでいるようで「余っちゃうんだよなぁ」と同調。進行の田中みな実が「有吉さんの家2Lなんですか?」と問うと「あんまりプライベートなこと言いたくない」と切り捨てた。そのやりとりに、ゲストのナイツ塙宣之が「そのくらいいいじゃないですか! そんなにこっちも知りたくはない」とツッコミを入れて笑いを誘った。

欅坂46時代はSNSが出来なかった今泉。TwitterとInstagramを開設したという彼女に、有吉は「始めたら終わりだよ~。やんなきゃよかったのに~」と嘆く。ゲストの藤田ニコルも「インスタだけにしておけば?」とアドバイスを送る。理由としてTwitterでエゴサーチをして落ち込む芸能人も多く、藤田は「つぶやきたかったことがどんどんつぶやけなくなる」とツイートしたことがネットニュースになってしまう現状を吐露。

今泉が「事前にネットニュースにしないで」と通告しておけば問題ないのでは、と言うものの藤田は「あいつらはする」と返す刀でコメントしてスタジオを笑わせた。

このほか番組では、水商売専門の不動産店に密着し、キャバクラ嬢やホストの物件探しや、過去に登場した高齢浅草芸人の現在を放送した。

9月19日放送の『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系、毎週木曜21:00~)では、現在公開中の映画『記憶にございません!』の監督・脚本を務めている三谷幸喜を特集する。スタジオには三谷のほかに、川田裕美、小峠英二(バイきんぐ)がゲスト出演する。

ページトップへ
Twitter Facebook