キグルミ志村玲那さくらまやらが、3月5日に放送された『有田哲平の夢なら醒めないで』(TBS系、毎週火曜23:56~)に出演。さくらはある告白をして共演者を驚かせた。

今回「平成元人気子役の嘆きSP」と題して、志村やさくらのほか、谷花音冨浦智嗣松本莉緒が登場。それぞれ現在の仕事や子役時代の裏話を語った。

2006年にキグルミとして「たらこ・たらこ・たらこ」で歌手デビューした志村。同キーワードが「新語・流行語大賞」にノミネートされるなど活躍したが、約1年半で突然の解散を発表。現在、彼女は女優として活動しているという。

そんな志村が言えなかったこととして、当時は金髪だったことをカミングアウト。両親や姉もみんな金髪だったと言い「小学校の入学式でも毛先を染めてもらっていた」と明かした。ちなみに仕事の時は黒く染めていたとのこと。

彼女が今ムカついているのは「ネットでやたらと胸のサイズを推定される」というもの。なぜ胸のカップが気になるのか不思議で「間違っているから腹が立つ」と語る。MCの有田哲平から「本当のサイズを言っておきますか?」と投げかけられると「Gカップあるんですよ」と告白してスタジオを驚かせた。

ほか、10歳の時に「大漁まつり」で演歌歌手デビューしたさくらまやが、現在20歳の大学生であると紹介され「夢は紅白歌合戦」と書かれているプロフィールはウソだと明かす一幕も。それらは、すべて事務所の方針であり「こういうキャラクターでいてほしい」と要望されることが多いとのこと。よって「仕事はサラリーマン気分でやっている」と吐露。仕事を適度にやって給料をもらい一生暮らしていけたら万歳なのだとか。そんな現実的な彼女に有田は「もう曲聴けないわ」と嘆いた。

続けてさくらは「昔パチンコにはまったんですよ」と突然のカミングアウト。18歳以上でできるため、当時パチンコ番組に出たいと事務所に伝えたが「イメージが悪いから20歳まで待って」と咎められたという。どんな台をやっていたのか問われると「“海”とか」と回答。人気シリーズの「海物語」を海と略すベテランぶりに「椿鬼奴と一緒」とツッコミを受けていた。

さまぁ〜ず(大竹一樹、三村マサカズ)の2人が“等身大の日常”をこっそり話す深夜のトークバラエティ『さまぁ〜ず×さまぁ〜ず』(テレビ朝日系、毎週月曜26:21~ ※一部地域除く)。11月11日の放送では、息子3兄弟と奥さんの中村仁美とのドタバタ劇を振り返った。

ページトップへ
Twitter Facebook