3月3日放送の『情熱大陸』(MBS/TBS系、毎週日曜23:00~)は、全国の銭湯を描き続ける28歳の女性イラストレーター・塩谷歩波に密着する。

東京・高円寺で86年の歴史を刻む銭湯「小杉湯」の番頭をしながら、全国各地の銭湯を訪ね歩いてユニークなイラストにしている塩谷。各地の銭湯をくまなく取材して主人に話を聞き、独特の温かい絵柄で建物の俯瞰や自らが入浴した感想などを表現したイラストはSNSで評判を呼び、今や雑誌やWEB媒体などから連載の依頼が絶えない。

塩谷はもともと早稲田大学の大学院で建築を学び、都内の建築設計事務所で働いていたが、体調を崩して休職。そんな時に出合ったのが銭湯だったという。

傷ついた心身を癒してくれた銭湯に恩返しをしたいと考え、自らが学んできた建築の図法(アイソメトリック)を用いて建物の俯瞰を描き、その魅力を「銭湯図解」として描き始めたのがことの始まり。都内の銭湯を中心に“泣きに行く銭湯”“お腹がすく銭湯”などシチュエーションに分けた紹介の仕方も人気の秘訣だ。

番組では今回、千葉にある100年以上の歴史を持つ老舗の銭湯を訪ねて、その魅力を見事に「図解」していく様子や、自らが番頭をつとめる小杉湯で珈琲豆を使った“コーヒー風呂”を企画し、一日限定の“特別湯”として実現させる姿などに密着する。

今の自分があるのは全て“銭湯のおかげ”と語り、一日の終わりには必ず小杉湯で入浴してその日を終える塩谷。銭湯へとりわけ熱い思いをもって働き、絵を描き続ける28歳女性の日常を通し、“銭湯”というどこか昭和の香りが残る独特のコミュニティの魅力を浮き彫りにする。

現場で奮闘する人たちの姿を通して、さまざまな経済ニュースの裏側を伝えるドキュメンタリー番組「ガイアの夜明け」(毎週火曜夜10時)。6月2日(火)の放送では、防護具の大量生産に挑む技術者たちを特集。医療崩壊を防ぐために立ち上がった企業の姿を追う。社員8人の会社が10万枚の医療ガウンを生産する!?全国で緊急事態宣言は解除されたが、顔を覆うフルフェイスシールドや医療用ガウンなど、現場ではいまだ感染防護具の不足が続いている。実は、感染防護具のほとんどが輸入品。サージカルマスクは約80%が中国製で、医療用

ページトップへ
Twitter Facebook