マツコ・デラックスも“知らない世界”を、その道を愛してやまないスペシャリストが紹介していくバラエティ『マツコの知らない世界』(TBS系、毎週火曜20:57~)。2月26日の放送では、「目覚まし時計の世界」と「焚き火の世界」に迫る。

パソコンやスマートフォンの普及につれ、夜遅くまでメールや動画を見ている人が増え、頭の興奮状態が続き、睡眠不足になっている人が増えているという現代。今回、「目覚まし時計の世界」を語る竹田浩一さんは、小学生の頃から慢性的な不眠症に悩んでいた人物で、「快適に目覚めることが、快眠につながる!」と明かす。

28歳で知人から勧められた目覚まし時計を使い、人生で初めて快適な目覚めを経験した竹田さん。以来、自ら研究を重ね不眠症を克服しただけでなく、目覚まし時計の会社を設立すると同時に、睡眠改善インストラクターの資格を習得して不眠症に悩む方の力となっているという。

そこで、竹田さんが目覚ましの歴史、昭和初期に発売された貴重な目覚まし時計を紹介しながら、スパっと起きて良く眠る最新の目覚まし時計を音系、振動系、光系、アクション系の各タイプ別にレクチャーする。

ガード下レベルの爆音を発するものや、子供の早起きを習慣づけるのに適したもの、電気ショックで目覚めさせるもの、朝日の自然光で起こすもの、両足で5秒間踏み続けないと止まらないものまで、様々な最新機種をスタジオで検証。なかなか眠れないと悩むマツコが気に入る目覚まし時計とは?

一方、「焚き火の世界」の世界を語るのは、1年中焚き火を見つめ続け、焚き火マイスター&ライターとして活動している猪野正哉さん。じっと眺めているだけで癒し効果があると言われたり、ひたすら焚き火の映像を流す動画が1000万回再生されたりと、今、日本でブームがきている焚き火。今回、マツコにそんな焚き火を好きになってもらおうと、猪野さんがその魅力を解説する。

猪野さんは18歳の頃、ファッション雑誌の専属モデルに3000人の中から選ばれたイケメン。27歳で知人と服のブランドを立ち上げたが大コケし、知人に逃げられ借金を抱えることになっただけでなく、当時の彼女にもフラれ、人生のどん底へ。そんな中、偶然、家族と囲んだ焚き火で、今まで隠してきた悩みを全てさらけ出せたことから、その魅力に気づき、現在に至ったという。

今回はそんな猪野さんが、焚き火の基本的なルールとともに、手軽に焚き火を楽しめるスポット、より快適に焚き火を楽しめる、ハイテク焚き火台やロマンチックを演出する魔法の粉など、最新焚き火便利グッズを紹介。

さらに、スタジオを飛び出して、猪野さんとマツコが一緒に焚き火を味わうことに。パチパチと鳴る薪の音を聞きながら語り合う2人。実際火を見ることで、マツコはどんどん焚き火の虜になり……。淡々と薪をくべる猪野さんがふいにマツコに投げかける相談事とは?

10月27日放送の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系、毎週火曜23:15~)は、「芸能人YouTubeやらかしGP 」と題し、YouTubeで今イチ伸び悩んでいるであろう井上裕介(NONSTYLE)、河本準一(次長課長)、品川庄司(品川祐、庄司智春)、野呂佳代、村上建志(フルーツポンチ)の6名を招集。芸能人YouTubeのサムネイルや動画を抜き打ちチェックした。

ページトップへ
Twitter Facebook