エリート官僚役を演じる藤森

お笑いコンビ・オリエンタルラジオ藤森慎吾が、4月スタートの山下智久主演ドラマ『インハンド』(TBS系、毎週金曜22:00~)に出演することがわかった。藤森は、菜々緒演じる牧野巴と共に、サイエンス・メディカル対策室で働くエリート官僚の御子柴隼人役に抜擢。また、牧野や御子柴の上司で対策室室長の網野肇役に光石研が決定した。

本作は、隔週発行の漫画誌「イブニング」(講談社)に連載中の朱戸アオによる同名コミックを原作としたサイエンスミステリー。右手はロボットハンドの義手、性格は人嫌いでドSという寄生虫を専門とする天才科学者の紐倉哲(山下)が、お人好しの熱血助手・高家春馬(濱田岳)や、クールでやり手な美人官僚・牧野巴(菜々緒)と共に、最新科学と医療にまつわる難事件に挑む姿を描く。

本作が初の連ドラレギュラー出演となる藤森の演じる御子柴は、上司や強者になびく分かりやすい風見鶏男だが、年下の牧野からいいように使われ、なんだかんだで事件調査に協力させられていくというキャラクター。バラエティでは“チャラ男”として活躍中の藤森だが、最近では映画『七つの会議』で強烈なサラリーマン役を好演するなど、役者としても存在感を発揮している。

藤森は本作への出演について、「非常に光栄でうれしい半面、自分でも不思議です。映画『七つの会議』に出演させていただいたすぐ後に連続ドラマに出演できるなんて、今年はこの後に大きな落とし穴があるんじゃないかってちょっと疑っています(笑)」と語り、「だから今まで以上に私生活も気を引き締めて、清廉潔白な由緒正しき生活を送っていかないといけないなと思っています」と宣言。

自身の演じるエリート官僚の御子柴については、「衣装もパキっとお堅い感じで、こういう格好をすることはあまりないので新鮮でうれしいです。ただ監督からは、エリートではあるけどそんなにキリっとしてないイメージだと言われているので、チャラ男な雰囲気を3%くらい残しつつ(笑)、キリっとし過ぎていない部分を僕なりに表現していけたらと思っています」と演技プランを明かした。

また、同い年で親交のある俳優・小栗旬からエールをもらったことも告白。「小栗旬さんに、実はたまに演技の相談をさせていただいたりすることもあって。僕ごときがすみません!(笑)でもこんな僕にもすごく真剣にアドバイスをくださるんです。そんな小栗さんからもエールをもらったので、全力で臨みます!」と意気込んだ。

さらに、山下の出演作『池袋ウエストゲートパーク』の大ファンだという藤森は、今回の山下との共演にただただ恐縮。「山下さんと対峙するシーンがあったら、お芝居以前にテレちゃいそうで……まずはそこが心配です(笑)。撮影初日も菜々緒さんを前にしてガッチガチに緊張しちゃってヤバかったですから! とにかく少しずつ現場に慣れていきながら、皆さんとも仲良くなれたらと思っています」とやる気を見せた。

そして、数々の作品に引っ張りだこの名バイプレーヤーである光石の出演も決定。光石の演じる網野は、警察庁から出向中で、大きな問題を起こさず平穏無事に過ごしていればそのうち本庁に戻れると考える現状維持派の男。そのため、成果を上げて一秒でも早く外務省に帰りたい牧野とは毎回言い争いが絶えない。

新たに発表された2人が、物語にどう関わってくるのかに注目したい。

ムロツヨシ、古田新太、田中圭が出演するドラマ24『Iターン』(テレビ東京系、毎週金曜24:12~)の第7話が、8月23日に放送。インターネット上では、目的のためならどんな手段も惜しまない竜崎組の組長を演じる田中の“演技の振り幅”に注目が集まった。

ページトップへ
Twitter Facebook