ステージ4の舌がんであることを公表した堀ちえみが、2月22日に放送される『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系、毎週金曜20:57~)に出演。病名、病状を公表した経緯について、さらに“がんに負けない決意”をはっきりさせて、病気と闘う力にしたいという思いを語る。

同番組は、“女性のストレス発散バラエティ”という新たなエンターテインメント番組としての礎を築き上げ、MCを務める中居正広の絶妙なトークや女性目線の人気企画など、女性の欲求に応え続けている人気バラエティ。この日は「金スマ特別編」として、堀をゲストにむかえる。

堀は今回の番組出演について、これまでTBS『うたばん』や『UTAGE!』といった番組に何度も出演し、そこで共演した中居が司会をする番組なら安心して自分の言葉で語れると、出演を決定。さらに、自分の病気を公表し闘う姿を見てもらうことで、自分と同じ経験をする人を減らし、同じ病気で苦しんでいる人を勇気づけられたらと語った。そして、これから手術・闘病に入る前にすべてを伝えておきたいとも……。

1981年、ホリプロスカウトキャラバンで優勝、翌年15歳で芸能界デビューした堀は、「花の82年組」と呼ばれ人気を博した。私生活では2度の離婚、難病、休業、数々の人生の壁に直面したが、現在は夫の連れ子2人を加え7人の母でもある。2017年には、デビュー35周年を記念してステージにも立った。30年以上応援してくれたファンの声援に救われ現在まで来た堀は、40周年ライブをと、歌手活動を本格化させた矢先の、今回のがん発覚だった。「ステージに再び戻りたい」という気持ちが、がんと闘うもう一つの原動力になっているという。

がんは左側リンパにも転移していて、医師からはステージ4と診断されている。堀が身体に異変を感じたのは昨年の夏で、がんだと判明したのは今年の1月21日だった。なぜこんなにも診断が遅れたのか、これまでの経緯を語る。そして、舌がんと診断された時の気持ち、夫や子供たちたちへの思い、またどう受け止めたかなど、現在の堀の心情すべてを語り尽くす。

民放各局が制作した番組を中心に、常時約350コンテンツをすべて無料で配信している民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」では、7月19日(月)から8月29日(日)に「TVerフェス!SUMMER2021」を開催する。

ページトップへ
Twitter Facebook