ゲストのヤマザキマリ

映画にもなった『テルマエ・ロマエ』の原作者として知られる漫画家のヤマザキマリが、1月19日放送の『サワコの朝』(MBS/TBS系ネット、毎週土曜7:30~)に出演する。

独特の着眼点から斬新な世界観を描くヤマザキは、余白をみつけると描かずにはいられない“絵が大好き少女”として、ヴィオラ奏者の母のもとで育った。しかし、絵で食べていくことの厳しさを伝えたい母は「フランダースの犬」の本を差し出し、「絵描きになると、こうなるらしいよ」と非情な死を遂げる主人公を例に反対したという。

転機になったのは、14歳の時に経験したヨーロッパひとり旅。ヨーロッパにいる母の友人に、プレゼントを届けることになったヤマザキは、最終目的として、あのルーブル美術館で“本物の絵”と対面することに! ところが片言の英語しか術がなく途方に暮れる14歳の少女は、怪しい老人に目をつけられてしまったそうで……。

高校を2年で中退し、イタリアへ美術留学したヤマザキ。当時の極貧生活の思い出をはじめ、「G8(主要国首脳会議)もお風呂でやればいい」というほど、お風呂を愛するヤマザキが日本と古代ローマの意外な共通点を熱く語る。

「記憶の中で今もきらめく1曲」は、紀行番組『兼高かおるの世界の旅』のテーマ曲だった、ヴィクター・ヤングの「八十日間世界一周」。小学校の作文で将来なりたいものを「兼高かおる」と書いたほど好きだったというこの番組との思い出を披露する。

日本が誇る世界的ギタリスト「MIYAVI」さん。 “ピックを使わず、指で弦を叩いてギターを演奏する”独自のスラップ奏法は、三味線の演奏からインスパイアされたもので、「サムライギタリスト」とも呼ばれています。 世界を舞台にこれまで300回以上のライブを行ってきたMIYA

ページトップへ
Twitter Facebook