第1話シーンカット

常盤貴子が主演を務める日曜劇場『グッドワイフ』(TBS系、毎週日曜21:00~)が、1月13日からスタートする。常盤が日曜劇場で主演を務めるのは『Beautiful Life 〜ふたりでいた日々〜』以来、19年ぶりとなる。

リドリー・スコットが製作総指揮を務め、2009年から7年にわたりアメリカで放送された『The Good Wife』が原作。夫の裏切りと逮捕という最悪な出来事で人生が一変してしまった主人公・蓮見杏子(常盤)が、子どもを守るため、16年ぶりに復帰した弁護士という仕事を通して自らの困難に果敢に立ち向かっていく姿を、時に鋭く、時にユーモラスに描いていくリーガルヒューマンエンターテインメント。小泉孝太郎水原希子北村匠海賀来千香子吉田鋼太郎滝藤賢一など、実力派俳優が脇を固める。

そして、杏子の夫でスキャンダルにより逮捕された“疑惑”のエリート刑事・蓮見壮一郎を演じるのは、唐沢寿明。常盤とは共演経験はあるが、夫婦としての共演はこれが初めてとなる。

法廷ドラマを中心にしながら、政治と家庭の両面を描く本作に期待が高まる。

<第1話あらすじ>

蓮見杏子(常盤)は、かつて優秀な若手弁護士として活躍していたが出産を機に引退。専業主婦として、2人の子どもと夫である東京地方検察庁・特捜部長の壮一郎(唐沢)と共に幸せな日々を送っていた。しかし、その生活が一瞬にして崩れる。壮一郎の汚職疑惑、さらに女性スキャンダルが発覚。法曹界を揺るがす大スキャンダルにマスコミ報道は過熱する。記者会見で壮一郎は、汚職は否定したが女性との関係については認めて謝罪。そして、壮一郎は逮捕された。杏子は夫の裏切りに深いショックを受けるが、家族のために16年ぶりの弁護士復帰を決意する。

そんな杏子に手を差し延べたのが神山多田法律事務所の代表・多田征大(小泉)だった。2人は 司法修習生時代の同期で、かつて多田は杏子に好意を持っていた。ただ、その気持ちとは別に多田は杏子の弁護士としての能力を高く評価し、杏子の採用を反対する事務所の共同経営者・神山佳恵(賀来)を何とか説き伏せた。しかし、それはあくまでも仮採用。半年後の本採用を賭けて、杏子は若手弁護士の朝飛光太郎(北村)と競うことになる。

そんな中、最初の裁判相手となるのは人気キャスターの日下部直哉。日下部はインターネット番組で幼女行方不明事件を取り上げた際に、犯人は母親の可能性が高いと放送。世論の風評に追い詰められた母親は 自殺してしまい、日下部を名誉毀損で訴えるべく父親が依頼にきたのだ。多田と共にこの事件を担当する ことになった杏子は、“表現の自由”を巡り争うことに。パラリーガルの円香みちる(水原)とともに、日下部が裏取りをせずに発言したという証拠を調べ始める。

一方、新たに特捜部長に就任した脇坂博道(吉田)は壮一郎に汚職の罪を自白させようと、壮一郎の腹心の部下だった佐々木達也(滝藤)を取り調べ担当にする。そんな検察側に対して壮一郎も自身の顧問弁護士・林幹夫(博多華丸)を通じてある策を講じる……。

杉咲花演じる主人公・的場中(アタル)が、職場での人間関係や仕事との向き合い方に悩む同僚社員たちの心を“特殊能力”で救っていくドラマ『ハケン占い師アタル』。 1月17日(木)に放送された第1話では、社会人経験のないアタルが

ページトップへ
Twitter Facebook