左からマリウス葉、国分太一、佐渡裕

SexyZoneマリウス葉が、12月29日(土)16時から放送される『1万人の第九2018~SexyZoneマリウス葉 世紀の大合唱に挑戦!~』(TBS系)に出演。「第九」の合唱に初挑戦することがわかった。

今年で36回目の開催となる「サントリー1万人の第九」は、北海道から沖縄まで全国各地から集まった1万人がベートーヴェンの「交響曲第9番」通称「第九」を合唱する年末恒例の一大イベント。

番組では、俳優以外では初となるフリーアナウンサーの有働由美子が「よろこびのうた」の朗読に挑む様子や、「1万人の第九」の“生の迫力”を特設スタジオから臨場感たっぷりにおくる。

「第九」の合唱に初挑戦するマリウスはドイツ出身とあり、ドイツ語の歌詞の意味は理解できるが、普段歌っているポップスと違い、クラシックは初心者。複雑な音程とリズムに大苦戦する。番組では、ゼロから合唱に参加するマリウスの自主練習から本番までに完全密着。 “1万人のひとり”となって合唱する姿を追う。

さらに今年は、不朽の名作「ウエスト・サイド物語」を作曲した音楽家レナード・バーンスタインの生誕100年。そのバーンスタインの最後の愛弟子が「1万人の第九」総監督・指揮の佐渡裕だ。2年前に「1万人の第九」の特番に出演して以来、第九が大好きになったという番組MCの国分太一が佐渡から巨匠に関する興味深い話を引き出す。誰もが知る名曲を次々と生み出した名作曲家であり、マーラーを世に広めた偉大な指揮者でもあるバーンスタイン。

そんな天才音楽家の意外な素顔とは?「ウエスト・サイド物語」の舞台となったニューヨークの街並みやゆかりの地なども含めて紹介する。

「もっと青春を謳歌したい!」という生徒たちを募集し、生放送でお届けしている「青春高校3年C組」(毎週月曜~金曜夕方5時30分~)。ここでは、オンエアした内容を紹介していく。毎月曜日の担任はメイプル超合金。副担任は中井りかが務める。その実力と人気が未知数すぎて、スタッフもビビッて企画しなかった男子生徒だけのスタジオ公演がなんと6月15日(土)に開催されていた!あいにくの雨で天候には恵まれないながらも、客席は超満員! 立ち見のお客さんがでるほど盛り上がりを見せたとあって、この日の放送は急遽、男子公演

ページトップへ
Twitter Facebook