宮野真守が、本田翼岡山天音がW主演を務める新ドラマ『ゆうべはお楽しみでしたね』(TBS、1月8日スタート、毎週火曜25:28~/MBS、1月6日スタート、毎週日曜24:50~)に出演することがわかった。

金田一蓮十郎の同名漫画(掲載「ヤングガンガン」 スクウェア・エニックス刊)が原作。オンラインゲーム「ドラゴンクエストX」内で女子キャラクター・パウダーに扮して過ごしていたオタク男子・さつきたくみ(岡山)が、仲良くなった男子キャラクター・ゴローをひょんなことからルームシェアに誘う。しかしゴローの正体は、イメージとは正反対なギャル系女子・おかもとみやこ(本田)だった……。そんな2人のシェアハウス生活を描くラブコメディ。

たくみの勤務先であるアニメイトの店長・大仁田を演じる宮野は、本作がなんと約10年ぶりのテレビドラマ出演。誰よりもハイテンションで陽気な男という役どころだ。自身がドラゴンクエストの熱狂的なファンということもあり、アドリブ満載のコミカルな演技で新境地を開拓する。そして、みやこの親友・あやのを演じるのは筧美和子。本作のために髪を赤く染めてギャル系女子に初挑戦する。

ほかに、“可愛すぎる美少年”として注目を集めるゆうたろうが、たくみの勤務先であるアニメイトの後輩・外山を演じ、ゆるめるモ!のアイドル活動でも話題のあのが、みやこが勤務するネイルサロンの後輩・れいなを演じる。みやこと何か訳アリな好青年・タカシ役に稲葉友、ネイルサロンの店長・栗山役に芦名星が決定した。

10月23日(金)放送の『24 JAPAN』は第3話。 テロ対策ユニット「CTU」に勤める・獅堂現馬(唐沢寿明)の娘・美有(桜田ひより)は、自分が誘拐されたと知り、決死の逃走を画策。 一方、娘の身を案じながらも、日本初の

ページトップへ
Twitter Facebook