リベラルな弁護士の林幹夫を演じる博多華丸

お笑い芸人の博多華丸博多華丸・大吉)が、2019年1月スタートの常盤貴子主演の日曜劇場『グッドワイフ』(TBS系、毎週日曜21:00~)に出演することがわかった。華丸が演じるのは、唐沢寿明演じる元特捜部長・蓮見壮一郎の顧問弁護士である林幹夫。汚職疑惑によって逮捕された壮一郎の疑惑を晴らすために奔走するという役どころだ。

本作は、リドリー・スコットが製作総指揮を務め、2009年から7年間アメリカで放送されたドラマ『The Good Wife』を原作としたリーガルドラマ。夫・壮一郎の逮捕がきっかけで、弁護士に復帰した杏子(常盤)が、様々な裁判に向き合う姿を描く。

『Beautiful Life ~ふたりでいた日々~』以来19年ぶりに日曜劇場で主演を務める常盤をはじめ、小泉孝太郎水原希子北村匠海滝藤賢一賀来千香子吉田鋼太郎、そして、唐沢という豪華キャストの出演が話題となっている本作。今回、新たに出演の発表された華丸演じる林は、壮一郎の疑惑を晴らすための弁護をするとともに、検察庁内部の人間関係を熟知して策を講じるやり手の弁護士だ。

林は、とてもリベラルな弁護士で、法曹界を揺るがす大きな事件を担当している最中でも、杏子に対しては常に笑顔。その一方で、目の奥は笑っておらず何を考えているのか読めないという底知れない雰囲気を漂わせている。また、林は壮一郎の命を受けて、杏子の様子や、汚職事件について調査を敢行。林が壮一郎に渡す情報が、後々物語に大きな波紋を与えることになる。

華丸は、物語のキーパーソンともいえる重要な役どころを演じることについて、「とても光栄なことですし、ありがたいというか、責任を感じております。お邪魔にならないようにお邪魔させていただく所存でございます(笑)」と恐縮。「メインのみなさんのシリアスな場面の途中途中で出てくる感じなので、ちょっとホっとできる、そういう存在として活躍できたらいいなと思います」と意気込んだ。

今回、華丸は博多弁を封印。標準語で役に挑むことになる。さらに弁護士役だけあり、専門用語も頻出。「今日も“自浄能力”というセリフがあったのですが、そういうあまり使ったことがない言葉が多いので、それをなんとか乗り越えたいとは思っています」とやる気を見せた。

また、常盤との共演については、「本当に面と向かって向かい合う場面が来るとは思いませんでした」としみじみ。「この世界に入っておきながら別世界の方なので、緊張しましたし、とても“愛していると言ってくれ”とは言えなかったですね(笑)。そんな余裕は無かったということですね」と、常盤の代表作と絡めて笑わせた。

そして、共演シーンの多い唐沢については、「バラエティ番組ですれ違うくらいで直接お話するのはほぼ初めてです。でも宮迫(博之)さんと仲が良かったり、芸人さんとよく飲みに行かれたりする話は聞いているので、ぜひ可愛がっていただきたいなと思います」と語った。

ページトップへ
Twitter Facebook