家族の問題から恋の相談、個人的な悩みなど、世間の人たちがなかなか決められなくて困っていることをMCの中居正広がスタジオに招いたゲストたちと話し合い、どうしたら良いかを決める新感覚トークバラエティ『中居くん決めて!』(TBS系、毎週月曜23:56~)。11月19日の放送では、進退に悩む俳優が登場し、中居にアドバイスを乞う一幕があった。

普段は、収録と並行して“決めてほしいこと”を番組スタッフが街頭調査をするのだが、今回の依頼人は一般の方ではなく2000年代前半にドラマや映画で活躍していたという俳優(33)。名前はもちろん顔を隠す形で深刻な悩みを打ち明けた。彼は「役者業やテレビのオファーが少なく、現在アルバイトをしながら生活しています」と告白。今年結婚もしたため、家族を養うべく、不安定な芸能界で頑張るべきか、諦めて安定した仕事に就くべきかを相談した。

彼の発言を聞いていた中居はみるみる表情を変え、最終的には頭を抱えてしまう。「無責任なことは言えないなぁ」とつぶやく中居に、ゲストの岡井千聖は「女は結婚に逃げられるけど男はそうもいかない。女の人なら『続けたらどうですか』と言えるけど……」とコメント。

中居は「簡単に出ないな」と言い「役者さんにしろ芸人さんにしろ、(下積みがあって)出てきた時に『いつか花が咲く』って成功例ばかりテレビでやりますけど、(夢を)掴めない人の方が多いから」と、必ずしも「夢は持った方がいい」とは言えないと悩む。

そんな中、ゲストのLISA(m-flo)は「私たちって待つことも仕事」とアドバイス。今の時間は何ひとつ無駄にはなっておらず「大きなものが来た時に全てが役に立つ」と相談者に語りかける。自分も仕事がない時は無限にあったが、“待つ”を仕事にしたことでm-floにも戻れたと話し「もうちょっと頑張ってほしい」とアドバイスした。

相談者の奥さんが「やりたいことを全力で頑張って!」と応援してくれていると聞いた中居は「それがすべて」とアンサー。一番理解し、側にいてくれる人が応援してくれるため「俺らがとやかく言うよりも奥さんの一言に尽きる」と俳優を続けるべきと語った。しかし「夢が破れてしまった人の話も聞いといてほしいな」と吐露。最後に「(いい奥さんのため)浮気バレないようにな!」と笑いを交えてエールを送っていた。

ネットでは相談内容について「これは重い」「簡単には答えられないよね」「珍しくかなり悩んでる」と中居と一緒に悩む人が多くいた。

漫画家の久保ミツロウ、エッセイストの能町みね子、音楽プロデューサーのヒャダインがMCを務める『久保みねヒャダこじらせナイト~こじらせデストピア編~』が、FODで配信中。「こじらせライブVOL.24」#3では、“ネット断ち”をしているという久保のエピソードで盛り上がった。

ページトップへ
Twitter Facebook