安田顕が、10月13日に放送される『サワコの朝』(MBS/TBS系ネット、毎週土曜7:30~)に出演。妻から言われた衝撃的な言葉を明かす。

安田は大学4年生だった1996年に森崎博之戸次重幸大泉洋音尾琢真と劇団「TEAM NACS」を結成。瞬く間に地元・北海道の超人気者となったが、卒業後は、就職を機に一度NACSを離脱。しかし、数か月後には仕事を辞めて劇団を再結成した。

北海道テレビの番組『水曜どうでしょう』で大泉の人気に火が付くと、劇団への注目度は全国区へと広がり、2004年に行った初の東京公演はチケットが5分で完売。翌年には、初の全国公演を果たす。今も公演があるたびチケットが完売するという人気劇団だ。安田は「TEAM NACSのファンが自分たちを押し上げてくれた」としみじみ感謝する。また、大学生の頃から知っているメンバーとはどんな関係なのか? NACSの中での安田の立ち位置や、劇団に対しての思いが語られる。

安田の「記憶の中で今もきらめく1曲」は、玉置浩二の「ミスターロンリー」。サラリーマンを辞めて学生に混ざってアルバイトをしていた頃に聴いていたこの曲と当時を振り返る。

また、小さい頃は父のことが大好きな少年だったという安田。溶接工として働いていた父のことを本に書いて、それを元に舞台化したというエピソードを披露する。さらには、普段の家での様子や結婚8年目に言われた妻からの衝撃的な一言に阿川佐和子が爆笑する一幕も。

ページトップへ
Twitter Facebook