戸田恵梨香ムロツヨシが5日、都内で行われたドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』(TBS系、10月12日スタート、毎週金曜22:00~)の特別試写会&トークショーに登場。戸田、ムロのほかに草刈民代TOKIO松岡昌宏、脚本家の大石静も出席した。

本作は、34歳にして若年性アルツハイマーにおかされてしまった女医・北澤尚(戸田)と、自分を忘れていってしまう恋人を支え続ける元小説家・間宮真司(ムロ)との10年間の純愛を描いたラブストーリー。“ラブストーリーの名手”と称される大石の完全オリジナル。

戸田は「こんなに難しい役と実感したことはいままでなかった」と悩みながら演じていることを明かしつつも、第1話目を見た際「すごいパワーのある作品になりそう」と確かな自信をつかむことができたという。さらに感情が入りすぎて「泣いてはいけないところで涙が出てしまう。感情のコントロールが難しい」と、撮影中に動揺してしまうこともある様子。

ムロは「いつも舞台挨拶は楽しくふざけたいのですが、今回は(純愛ラブストーリーというジャンルなので)一切ふざけません」と宣言していたが、そこはムロ。コミカルなトークで会場を魅了すると、どんなことでも素敵なトーンで笑ってくれる戸田を「この人はいい女です」と絶賛していた。

尚から婚約破棄されてしまうエリート精神科医・井原侑市を演じた松岡は「もちろん(婚約破棄は)経験したことがないのですが、いままでやったことがないような役柄。アプローチ方法も変えて挑みました」とコメント。「まだまだ経験したことがないことはたくさんある。勉強になるし、感激しながら侑市という役に向き合っていきたい」と意気込みを語っていた。

大石は1週間ほど前に、俳優の佐々木蔵之介から「『オードリー』の子役が大石さんのところに帰ってきましたね」というメールをもらったという。『オードリー』は大石が脚本を手掛け、2000~2001年に放送されたNHK連続テレビ小説。劇中で戸田は、大竹しのぶの幼少期を演じていた。大石は「名前まで覚えていなかった」というが、そのときの演技のうまさは印象に残っていたといい「20年たってまためぐり合えた」と感無量な表情を浮かべた。

さらに「ずっとうまい女優さんだと感じていて、いつかご一緒したいと思っていた」と戸田の起用が念願だったことを述べると、戸田とムロのカップルについて「そこに生きている人。リアルな演技がすばらしい」と絶賛していた。

A.B.C-Z(橋本良亮、戸塚祥太、河合郁人、五関晃一、塚田僚一)が主演を務める『ワンモア』(メ~テレ、毎週月曜24:15~)の第2話「大人が制服着て何が悪い」が、4月12日に放送された。インターネット上では、塚田演じる空田公平の“学生”と“父親”の間で葛藤する姿が大絶賛されていた(以下、ネタバレが含まれます)。

ページトップへ
Twitter Facebook