バイきんぐ小峠英二西村瑞樹)とみちょぱこと池田美優が、9月22日(土)に生放送されるコント芸日本一を決める『Cygames キングオブコント2018』(TBS系、18:55~ ※一部地域は19:00~)の公式アンバサダーに決定。彼らからコメントが到着した。

7月2日から予選1回戦がスタートした今大会。エントリー総数2490組から、9月6日(木)・7日(金)に赤坂BLITZで行われる準決勝に出場する32組へと絞られた。池田は、昨年と同様に、決勝戦当日の裏側や出場組の情報をSNSや副音声で届ける。今年は、『キングオブコント2012』のキングに輝いたバイきんぐの2人が加わり、キングならではの芸人目線を交えて詳しいリポートを行う。

バイきんぐは「もしキングオブコントがなければ、僕たちはまだバイトをしていたかもしれません。間違いなく人生を大きく変えてくれるこの大会。今回はアンバサダーとして歴史的瞬間を見届けさせていただきます」と、大会への思いを述べた。一方、池田は「昨年は初めてのことばかりで出場者の芸人さんに迷惑をかけたかもしれませんが、今年はもっと芸人さんの素の部分をインタビューやSNSを使ったりして盛り上げていきたいと思います。当日の舞台裏はこちらまで緊張が伝わってきてピリピリしているのですが、その緊張感も合わせてしっかり伝えていけたらなと思ってます。誰が優勝するのかワクワクしながら当日まで盛り上げていきます」と2度目となるアンバサダーへの意気込みを語った。

今年、準決勝に出場するのは、相席スタート、阿佐ヶ谷姉妹、うしろシティ、うるとらブギーズ、かが屋、かもめんたる、空気階段、Groovy Rubbish、クロスバー直撃、高校ズ、ザ・ギース、さらば青春の光、GAG、しずる、ジャルジャル、ジャングルポケット、ゾフィー、大自然、滝音、だーりんず、チョコレートプラネット、ななまがり、ななめ45°、ニッポンの社長、ネルソンズ、ハナコ、マヂカルラブリー、モダンタイムス、やさしいズ、や団、ロビンフット、わらふぢなるお(※50音順)の32組。

この中から10組が決勝戦に進出する。果たして、キングの称号と優勝賞金1000万円を手にするのはどの組か? 熱き戦いに注目が集まる。

民放各局が制作した番組を中心に、常時約350コンテンツをすべて無料で配信している民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」では、7月19日(月)から8月29日(日)に「TVerフェス!SUMMER2021」を開催する。

ページトップへ
Twitter Facebook