2015年の10月期にTBS系で放送され、好評を博した阿部寛主演のドラマ『下町ロケット』の続編の制作が決定した。原作は、池井戸潤の小説「下町ロケット」シリーズの第3弾となる「下町ロケット ゴースト」。大きな転換期を迎えた佃製作所の新たな戦いを描いていく。 主演の阿部は、ロケット開発への熱い思いと、諦めない姿勢で社員を引っ張る佃製作所の社長・佃航平を熱演。さらに、殿村直弘役の立川談春、山崎光彦役の安田顕をはじめ、和田聰宏、今野浩喜、中本賢、谷田歩らが阿部を支えた。

次回、1月26日(日)よる10時30分放送のドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」(読売テレビ・日本テレビ系)は、清野菜名と横浜流星ダブル主演。清野は、囲碁棋士の川田レンと世の中のグレーゾーンにシロクロつける謎の存在【ミスパンダ】を、横浜は、大学

ページトップへ
Twitter Facebook