綾瀬はるかが義母役を演じる新ドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系、毎週火曜22:00~)に、実生活でも母親である女優たちが出演することがわかった。今回発表されたのは、奥貫薫春日井静奈山口香緒里西尾まりの4人。彼女たちは、綾瀬演じる義母・亜希子に大きな影響を与える娘・みゆき(横溝菜帆)の同級生の母親役として登場する。

演技力が高く評価されている奥貫、ドラマや映画、CMなどで存在感を放つ春日井、『大奥』シリーズの吉野役で話題を呼んだ山口、幅広いジャンルで活躍中の西尾の4人は、小学校のPTAなどで亜希子と対峙する役どころ。仕事では無敵のキャリアウーマンだった亜希子は、みゆきの母親としての役目を果たすため、悪戦苦闘。未経験のことばかりが続出する中で、PTAのクラス会議にも参加。亜希子はそこで“リアルママ”たちに囲まれ、1人浮いてしまう。

今回の女優4人の起用は、ドラマにリアリティを持たせるためのもの。実生活でもママの4人が、母親として修行中の亜希子と向かい合うことで、そのギャップを際立たせるという狙いがある。

7月17日(火)放送の第2話では、宮本家に引っ越してきた亜希子と良一(竹野内豊)、みゆき3人の生活がスタート。亜希子は娘・みゆきの母となるべく、子どもを持つ女子社員を集めリサーチをかけるなど、仕事をこなしながらも母親になろうと努力を惜しまない。しかし、一度は亜希子を義母と認めたものの、再び反旗を翻したみゆきは、亜希子を追い出そうと、クラスメイトのヒロキ(大智)と共にある作戦を考える。

そして、7月24日(火)放送の第3話では、いよいよ亜希子がみゆきの通う小学校のPTAの面々と関わることに。義母とリアルママの対決は果たしてどんな結末を迎えるのか? “ママあるある”もふんだんに散りばめられている本作は、ママでなくとも必見だ。

西島秀俊さんが主演を務めるスペシャルドラマ『名探偵・明智小五郎』(テレビ朝日系、21:00~)が、3月30日(土)と31日(日)に2夜連続で放送される。これまで何度も映画化・ドラマ化されてはさまざまな名優が明智小五郎役を演じてきた本作を、今回は舞台を現代に移し、西島さん演じる明智が明晰な頭脳とアクションを武器に世界的ハッカー集団「ファントム20」との戦いに挑む。

ページトップへ
Twitter Facebook