綾瀬はるか佐藤健が、7月6日に放送された『ぴったんこカン・カン』2時間スペシャル(TBS系、通常放送は毎週金曜20:00~)に出演。綾瀬のとんでもない天然行動がインターネット上で話題となった。

同局で7月10日よりスタートする新ドラマ『義母と娘のブルース』(毎週火曜、22:00〜)で共演している綾瀬と佐藤。MCの安住紳一郎アナウンサーは「すごいことに気付いてしまいました」と、2人の運動靴がお揃いであることを指摘。佐藤は「今日来た時に(綾瀬が)『お揃いなの』って見せてきた」と言い「『よく知っていて履いたな』と思いました」と本音を語った。スタイリスト同士が打ち合わせをしていたわけではなく、偶然にも用意した靴が一緒だったそう。安住アナは「行く先々で説明しないと『おいおい! 仲いいな~』みたいなことになりますよね」と予想すると、佐藤は慌てて「(勘違いをされるので)このくだり絶対使ってくださいね」とスタッフにお願いをしていた。

安住アナが2人の関係について「姉・弟」と例えた場面では、綾瀬が「逆転するときもあります」と。佐藤は「(綾瀬は)末っ子っぽい。甘え上手なところもありますし」と印象を語った。以前、別作品で共演した際には、撮影で険悪な雰囲気になったこともあるという。佐藤が「1日1回はケンカ売ってきていましたよね」と話しかけると、綾瀬も今回の『義母と娘のブルース』の撮影で一度、険悪な雰囲気になったことを明かした。

「思っていることを言い合える仲って大事ですよね」と安住アナがフォローするのだが、綾瀬はどこか上の空。実はロケ前日に『関口宏の東京フレンドパーク2018 7月ドラマ大集合SP!!』の収録に参加しており、そこで良い成績を収められなかったことから「思い出すと朝から落ち込む」と綾瀬。佐藤も「まだ立ち直れていない」と言い「ホッケーで1点も取れなかった。かつてあんな弱いチームを見たことがない」と嘆いた。

ほか、同ドラマに出演している竹野内豊が途中から収録に参加。4人で中華料理店に行ったのだが、綾瀬は、間違えて竹野内のおしぼりを使ってしまい苦笑い。安住アナは「本当に面白いですね」と、綾瀬の天然ぶりに改めて感心していた。

綾瀬とは今回のドラマが初共演だという竹野内も、撮影時のエピソードを披露。綾瀬が土下座をしてセリフを言うシーンで、言葉を発するまでの間が長かったそう。竹野内が違和感を感じていると、カットがかかった瞬間、綾瀬は「ごめんなさい。今、私寝ていました」と告白し、周囲を驚かせたという。

こうした綾瀬の言動に心を掴まれた視聴者が多かったようで、ネット上では「最高にカワイイ」「はるかちゃんみたいな娘がほしい」「天然ではなく自由」といった声があがっていた。

テレビ朝日と無料で楽しめるインターネットテレビ局「AbemaTV(アベマティーヴィー)」では、2019年5月6日(月)より「AbemaTV」開局3周年を記念し、地上波と「AbemaTV」を続けて見ることで1つの番組を楽し

ページトップへ
Twitter Facebook