7月10日にスタートする綾瀬はるか主演の新ドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系、毎週火曜22:00~)の制作発表が5日、都内で行われ、綾瀬、竹野内豊佐藤健横溝菜帆麻生祐未が出席して見どころを語った。


本作は、桜沢鈴の同名4コマ漫画をドラマ化したもので、綾瀬演じる無敵のキャリアウーマン・岩木亜希子が、娘を持つサラリーマンと突然結婚し、母親になろうと畑違いの家事や育児に一生懸命に奔走、家族と過ごす日々が描かれる。


初の義母役に挑戦する綾瀬は「母親役は初めて。わたし自身も亜希子と一緒に勉強している感じです。母親ってこんな感じなんだなって」と嬉しそうに撮影を述懐。娘・みゆき役の横溝はそんな綾瀬演じる亜希子について「やることがちょっと変」と笑顔で指摘しつつも、「でもとっても頼もしくて、何でもしてくれるようなお母さんにきっとなれると思います」とコメントした。


竹野内は、亜希子と結婚する子持ちで朗らかな性格の宮本良一役。TBSドラマは6年ぶりの出演で、綾瀬とは初共演。綾瀬について「そこに存在するだけで現場のスタッフみんなを笑顔にさせるようなそういう不思議な力を持っている方」と印象を語り、「素晴らしいなと思って見ています」とその存在感を絶賛した。


劇中にはその綾瀬の土下座シーンもたくさん出てくるというが、竹野内は「ちょうどスケジュールがタイトな時期があって、夜中朝3時半集合でそこから連日、夜遅くまで撮影していたら、お疲れだったのか、綾瀬さんは土下座をしながら寝ちゃっていたこともありました」と回顧。これに綾瀬は「頭に血が上ってしんどいなって思って、そしたら一瞬意識がなくなってしまって……。気がついてあれ、今寝てたって」と照れ笑いを浮かべた。


竹野内は自身の役柄についても触れ、「自分自身は黙っているとよく『怒っている?』と聞かれるタイプ。良一さんとは真逆の性格。テンションを毎回上げて頑張っています」と紹介。物語の「台風の目」となる麦田章役の佐藤も役と自分の違いを指摘。「僕は個人的にあんまり物をはじめられない、はじめるのが一歩遅い性格。そういう意味で麦田とは違っています。でも、(麦田は)憎めないやつ、馬鹿だなと思えるけど嫌いになれないタイプだなと思いながら演じています」と感想を述べていた。

日本テレビ系8月12日よる10時スタートの新水曜ドラマ「私たちはどうかしている」。原作は講談社「BE・LOVE」で連載中、累計発行部数200万部超の「私たちはどうかしている」(安藤なつみ著、既刊12巻) 。浜辺美波演じる可憐で才能にあふれる和菓子職人、花岡七桜

ページトップへ
Twitter Facebook