杉咲花主演の連続ドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』(TBS系、毎週火曜22:00~)に出演している中川大志が、14日に20歳の誕生日を迎え、撮影現場でキャストとスタッフに祝福された。

神尾葉子原作の連続ドラマ『花より男子』の新章となる本作は、伝説の4人組「F4」が卒業してから10年後の英徳学園が舞台。“隠れ庶民”であることを内緒にしながら登校している音(杉咲)と、「C5」のリーダー・神楽木晴(平野紫耀)、音の婚約者である馳天馬(中川)らが巻き起こす痛快青春ラブストーリー。

“天馬くん”の愛称で話題を集め、人気沸騰中の中川だが、記念すべき20歳になる瞬間はなんと撮影現場から移動する車内で迎えたという。杉咲らにお祝いされたのち、朝の撮影に臨んだが、プライベートでは「大志」「しょうちゃん」と呼び合うほど仲の良い平野が、出番がないにもかかわらず、バースデーケーキを片手にサプライズで登場。さらに、中川とは2013年放送のドラマ『夜行観覧車』(TBS系)からの付き合いである杉咲とスタッフは、「Happy birthday to you」を歌い、中川をぐるりと囲って祝福した。続いて杉咲は、音、C5(平野・濱田龍臣今田美桜鈴木仁中田圭祐)、メグリン(飯豊まりえ)らとの思い出がぎっしり詰まった手作りのアルバムを贈り、中川を感激させた。

中川は「大好きな『花晴れ』の現場で皆さんにお祝いしていただけて、すごく幸せです。まだ撮影は終わっていませんが……(笑)。4か月頑張ってきてよかったなと。現場の愛を感じました。天馬くんの反響が大きくて、いろんなところで『天馬くん!』って言ってもらえるんですけど、20歳を迎えるこのタイミングでこの役をやれたのは大きいです。天馬役がきっかけで、僕のことを知っていただいた方もいらっしゃるでしょうし、この現場で学んだこと、いただいた経験を無駄にせず、これからの20代をよりパワーアップしていきたいです。やったことないことにも踏み込んでいきたいですし、これまでお世話になってきた分、20代で返していきたいと思っています!」と力強く語った。

6月19日放送の第10話は、ついにF4の西門総二郎(松田翔太)が登場。原作でも人気の、音をめぐる晴と天馬の“愛とプライドを賭けた”武道大会の様子が描かれる。

渡辺麻友が、8月4日スタートのオトナの土ドラ『いつかこの雨がやむ日まで』(東海テレビ・フジテレビ系、毎週土曜23時40分~)で、AKB48卒業後、初の連ドラ出演&主演を務める。今回、同作を手掛ける東海テレビの松本圭右プロデューサーが、渡辺の起用理由や本作の見どころを明かした。

ページトップへ
Twitter Facebook