5月23日(水)20時より放送される『世界超絶映像ハンター』(TBS系)のMCを務める設楽統(バナナマン)が、見どころを語った。

同番組は、スタッフが“超絶映像ハンター”となり、世界各国のテレビ局に潜入し、保存されている膨大なテープを実際に1本1本見ながら面白い超絶映像をピックアップ。世界の現状や文化的な背景を織り交ぜながら、日本では考えられないような爆笑・衝撃・仰天の番組を紹介する。世界78か国のテレビ局を取材・リサーチした中から、セクシーすぎるニュース番組や犯罪者に次々とイタズラを仕掛けてこらしめるドキュメンタリーなど、選りすぐった11か国14局の21番組が公開される。

見どころについて、設楽は「クイズやドッキリ、ニュース番組など、コンテンツ自体は日本のバラエティと同じであっても、国によって演出や見せ方が全然違うなと改めて感じましたね。日本が築き上げたバラエティのフォーマットとは一線を画す発想のものが多くて、とくにクイズ番組は面白い!」と絶賛。

中でも設楽が気に入ったのが、モンゴルのテレビ局が制作する『陣痛室』。出産間近、陣痛の痛みに耐える妊婦とその夫が待機する“陣痛室”を舞台に繰り広げられるクイズ番組だ。回答者はなんと、出産直前の妊婦。数分置きにやってくる陣痛の痛みを堪えながら決死の表情でクイズに答える妊婦と、その横で正解にはしゃぐ夫。そして、淡々と問題を読み上げる女性司会者。3者の異なるテンションが番組をよりユーモラスに仕上げている。中でも設楽がハマったのが、解答者の妊婦が痛みに表情を歪ませるとすかさず「やめますか?」と声を掛ける女性司会者だ。出産間近という緊迫した状況で繰り広げられるハラハラドキドキの展開に、設楽は「こんなところで大丈夫なの? っていうシチュエーションは特に新鮮でしたね。妊婦さんに、淡々と声を掛ける司会者はやってみたいなぁ(笑)。世界の面白い番組を部分的ではなくてしっかりと見ることで、その国のことが分かる。例えば、コソボ共和国って内戦のイメージが強かったんですが、今は復興していることも分かったし、テレビ局はこういう雰囲気なんだなとか、普段目にしないような部分もテレビマンを通して知ることができるのは面白いですね。世界のオモシロ映像と共に、世界の今にも注目してお楽しみいただければ」と語っていた。

高橋メアリージュンと高橋ユウ姉妹が、11月28日に放送される阿川佐和子のトーク番組『サワコの朝』(MBS・TBS系、毎週土曜7:30~)に出演。苦しい生活を乗り越えて夢を掴んだ2人が“家族の絆”を語る。

ページトップへ
Twitter Facebook