中谷美紀主演の連続ドラマ『あなたには帰る家がある』(TBS系、毎週金曜22:00~)第6話が、5月18日に放送。今回は、主人公・真弓(中谷)と夫・秀明(玉木宏)の自宅を、秀明の浮気相手・茄子田綾子(木村多江)が突然訪問するという衝撃展開が描かれる。

本作は、「夫婦の絆」をテーマに、2組の夫婦が“落ちてはいけない恋”によって翻弄されていく姿を描いたハラハラドキドキのストーリー。中谷は旅行会社で働く主婦・佐藤真弓を、玉木は、人妻と不倫に走る真弓の夫・秀明を演じている。またユースケ・サンタマリアが、物語のキーパーソンとなる中学校教師・茄子田太郎を、そして木村が、秀明に強く惹かれる太郎の妻・綾子を演じている。

一度は秀明とやり直そうと決意した真弓だったが、旅先で遭遇した太郎に言われた「一度壊れたものは元に戻らない」という言葉が頭から離れないでいた。真弓は、綾子と秀明の関係を知った太郎が、秀明や娘の麗奈(桜田ひより)に何かしでかすのではないかと警戒を強める。何とか話し合いで解決しようと太郎に連絡するものの、返事はない。

そんな矢先、帰宅した麗奈が「学校帰りに綾子と会った」と言う。不穏なものを感じた真弓は、綾子に会いに急いで茄子田家に行くが、綾子はおらず、代わりに海辺に隠れるように佇む太郎に会う。太郎に「自分の家族を守りたい」と言い、コトを起こさないで欲しいということを頼む真弓。しかし内心では、浮気されてしまった同士、やり場のない感情を持て余す太郎の心中を察するのだった。

その頃秀明は、自分に出来ることはないかと綾子に連絡を取っていた。誰もいない職場で会うことになる秀明と綾子。「家族を捨ててでも一緒になりたい」と話す綾子に、秀明は土下座して「あなたを愛してません」と本心を告げると、綾子は去っていく。

翌朝、いつもの日常に戻ったかのような佐藤家。しかし、突如綾子が現れて真弓と秀明は驚く。綾子はつかつかとリビングに入り込み、麗奈に向かって「秀明さんと私は愛し合ってるの。これからママと呼んで」と告げる。ショックを受ける麗奈、そして真弓、秀明。そこに、さらなる訪問者がやってきて……。

4月5日(日)より、新番組「四月一日(わたぬき)さん家(ち)と」(毎週日曜深夜1時35分)がスタート!【みどころ】昨年放送されたバーチャルYouTuberドラマ『四月一日さん家の』(読み:わたぬきさんちの)の2期作品です。バーチャルYouTuber(VTuber)を起用した連続ドラマは新しい試みとして話題となり、スピンオフを描いたボイスドラマやライブイベントなど、放送終了後も作品世界を広げ続けてきました。出演者は、前作から引き続き、ときのそら、猿楽町双葉、響木アオに加えて、新レギュラーメンバーと

ページトップへ
Twitter Facebook