TEAM NACSの音尾琢真が、嵐の二宮和也が主演を務めるドラマ『ブラックペアン』(TBS系、毎週日曜21:00~)の第5話(5月20日放送)に出演することがわかった。

本作は、傲慢な性格と言動で周囲との軋轢を常に生み、「患者を生かし、医者を殺す」と評される孤高の天才外科医・渡海(二宮)が、嫉妬渦巻く大学病院という巨大な組織に真っ向から立ち向かい、最新医療機器・スナイプなどを巡る様々な不正や隠された過去を暴いていく、痛快な医療エンターテインメント作品。二宮をはじめ、竹内涼真、葵わかな、倍賞美津子、加藤綾子、加藤浩次、市川猿之助、小泉孝太郎、内野聖陽ら豪華キャストが出演し、話題を呼んでいる。

第5話からは、最新鋭の手術支援ロボット・ダビンチがドラマ史上初めて登場。ダビンチは、高精度な3D内視鏡を備え、超精密な手術を行う内視鏡下手術支援ロボットで、大きな切開をせずに小さな穴から手術を行うため、患者の負担が小さいというメリットがある。この4月から保険適用範囲も広がったため、今後多くの患者を救っていくと期待される注目の医療ロボットだ。ドラマでは、心臓のダビンチ手術のパイオニアであるニューハート・ワタナベ国際病院の協力により、ダビンチを特別に借りてロケを敢行。劇中では“ダーウィン”という名称で登場する。

この第5話で音尾は、帝華大付属病院の外科医・松岡仁役を演じる。高階(小泉)と同期で出世を争うライバルでもあり、高階がスナイプ手術の功績を西崎教授(市川)に称賛されることを面白く思っていない。また、帝華大にとって花形であるダーウィン手術を専門としているという役どころだ。

この「日曜劇場」には、昨年10月期に放送された『陸王』以来の出演となり、「今度は“ダーウィンの松岡”として帰って来ます」と語った音尾は、「実際ダビンチにも触れてみましたが、最新の医療技術の凄みを感じました。これだけでも一見の価値ありです」とアピール。「熱き想いが交錯する医療現場で火花を散らしてきますので、是非楽しみにしていて下さい」と作品の見どころも述べた。

また、同じく第5話に、フリーアナウンサーの福澤朗も出演することが決定。フリー転向後、民放の連続ドラマ初出演となる。福澤が演じるのは、西崎教授が推奨する“ダーウィン”を支援する厚生労働省の医務技監・富沢雅之。旧態依然とした日本の医療界を変えるために最新医療を積極的に取り入れ、外科医の技術格差を撲滅したいと考えており、西崎を支援。いわば“人間vsロボット”の戦いの火蓋を切る役割だ。

福澤は、「数多くのスタッフの方々が力と心を合わせてより良いものを作り上げていこうとする現場の雰囲気が大好きです。今回、そんな中で実に心地よい緊張感を味わっています」とドラマ独特の空気を感じているよう。「憧れの日曜劇場です。それぞれの“正義”がぶつかり合う脚本です。私の演じる役・富沢の“正義”が気圧されぬように頑張りました。ご覧いただけると光栄です」とコメントを寄せている。

小池栄子主演の連続ドラマ『わたし旦那をシェアしてた』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59〜)の第3話が7月18日に放送された。同じ男性と事実婚状態にあった3人のシングルマザーがある日、男性が何者かに殺害されたことにより、その死の謎を解き明かそうとするこのドラマ。今回は“天谷恭平の妻”を名乗る4人目の妻・絵里(松井玲奈)が登場。いきなりの怪しさからTwitterでは「第4の妻きたー!」「オモロイ事になってきた。しかも松井玲奈て」「松井玲奈、嫌な女の役似合うな」「マジ怖くね?笑」などの声があがった。

ページトップへ
Twitter Facebook