フリーアナウンサーの大橋未歩が、TBS系で放送されているテッペン!『有田哲平の夢なら醒めないで』(毎週火曜23:56~)のMCに決定した。昨年12月にテレビ東京を退社して以来、初のレギュラー出演となる。

同番組は、ゲストが思い描く“理想”と“現実”をビジュアル化し、その裏に隠された本音に迫るトークバラエティ。大橋が初出演する5月1日の放送は、「地方出身!女子アナとして生きる女SP」と題し、川村美保塩地美澄田中愛花崎阿弓牧野光子といった元地方局アナウンサーやフリーアナウンサーが登場。キー局の女子アナへの嫉妬、女子アナとしてのプライドや、日々の絶え間ない努力などを赤裸々に語る。レギュラー出演者はしいたけ。

有田哲平と約8年ぶりにMCとしてタッグを組んだ大橋は、収録を終えて「バラエティってこんな感じだったなって思い出しました。以前有田さんとレギュラー番組をやらせていただいていた時は、ほぼおふざけみたいな感じで、有田さんがMCとして仕切っている姿はほぼ見たことがなかったのですが、この番組で目の当たりにしてさすがの一言でした。有田さんは“ダメ学級の先生”のような方だと、占い師のしいたけさんが仰っていたのですが、まさにその通りだなと思いました。ゲスト出演するよりも、MCのほうが今までの延長線上としてやっていけるし、隣に有田さんが居てくださったので緊張などはしなかったのですが、出演していたゲストの方の個性が強すぎてエネルギーを吸い取られたような気がします(笑)。芸能界で生きていくのってすごく大変だなと、今更気づかされました」と感想を。また、「(フリーという意味で)私もこの方たちと同じ土俵に上がったんだと、改めて実感しました。どこまでも前に行く“前のめり感”というのを忘れていたので思い出さなきゃと思いましたね。見習わなければと思うところがたくさんありました」とゲストたちに刺激を受けた様子も見せた。

さらに、しいたけにリーディングをしてもらったそうで、「しいたけさんが仰ってくださったように、突き放しつつも“ダメ生徒たち”をあったかい目で見守るような役回りができたらなと思っています」と今後の意気込みも語っていた。

ページトップへ
Twitter Facebook