特報映像からの抜粋ビジュアル

8月24日(金)に全国公開される『映画ドライブヘッド~トミカハイパーレスキュー 機動救急警察~』の特報映像が、現在YouTube、「ドライブヘッドTVチャンネル」といったwebで先行公開されている。

本作は、日本を代表するミニカーブランド「トミカ」から初めて誕生した大人気テレビアニメ『トミカハイパーレスキュ― ドライブヘッド~機動救急警察~』の劇場版。タイトルにある「ドライブヘッド」とは、今から少しだけ未来に開発された、警察・消防・救急それぞれの能力に特化している特殊機体の名称。2017年4月から12月までTBS系にて放送されたテレビシリーズでは、小学生たちが操縦する3機のドライブヘッドが、街を脅かす災害や事件に立ち向かうストーリーが描かれ、仲間と共に街を守る熱い展開と、ロボットアニメファンも舌を巻く精密なタッチで、子どもから大人まで幅広い層から高い支持を得た。

今回の特報映像では、ドライブヘッドの新形態となる「ドライブヘッド 02MKⅢ(マークスリー)マスターバックドラフト」の人型ウォーカービークルフォームの全貌が明らかに。パワーアップしたドライブヘッドの姿が、映画本編の迫力あるアクションシーンを予感させるほか、先日出演情報が解禁された『新幹線変形ロボシンカリオン』も登場。情報解禁時は「2大ヒーローの共演は熱い!」「世界観はどうなるの?」とファンの期待する声も多く上がったが、特報映像では「敵か!? 味方か!?」というナレーションがさらなる謎を呼んでいる。

なお、この映像は4月21日(土)より、全国の上映劇場でも放映。さらに、同日より特典付き劇場前売り券(ムビチケ)も発売される。劇場前売り特典は、限定版ドライブバッジ(ドライブヘッド02レスキューバックドラフト)となる。

「平成仮面ライダーシリーズ」の記念すべき20作品目にして、平成仮面ライダー最終作となる『仮面ライダージオウ』。 時空を駆け巡る“タイムトラベルライダー”として、平成仮面ライダーが活躍する各時代でアナザーライダーとの戦いを

ページトップへ
Twitter Facebook