内田真礼&健太郎

内田真礼健太郎が、4月23日にスタートする新番組『ムビふぁぼ』(TBS、月曜24:58~ ※毎月1回)のMCを務めることがわかった。

同番組は、異なる分野で人気を集める内田と健太郎が、最新映画の魅力を掘り下げる情報発信型バラエティ。作品制作の舞台裏や貴重な秘蔵映像を織り交ぜながら、作品にまつわるクロストークを展開する。視聴者が「お気に入り=Favorite」の映画を見つけて、思わず劇場に足を運びたくなるような情報が盛り沢山となっている。

内田は、二度のテレビアニメ化に加え劇場版も公開された『中二病でも恋がしたい!』の小鳥遊六花役や、『ビビッドレッド・オペレーション』の黒騎れい役など、数々のアニメやゲームで主役を務めている人気声優。歌手活動にも精力的で、昨年代々木体育館で行った自身最大規模のライブでは、2日間で約1万3000人の観客を集めるなど、常に高い発信力で多くの人々を引き付けている。

そして健太郎も、2014年に『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』(フジテレビ系)で俳優デビューを飾って以降、『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』『仰げば尊し』(いずれもTBS系)など話題作に引っ張りだこ。昨年公開された映画『デメキン』で映画初主演を飾り、今年も映画『コーヒーが冷めないうちに』をはじめとする出演作が多数公開予定だ。さらに、今年3月に発売された1st.写真集「G健太郎」も発売前から重版が決定し、さらに発売1週間で再び重版され話題に。4月からはラジオパーソナリティにもチャレンジし、活躍の幅を広げている彼が、情報番組のMCに初挑戦する。

初回は、健太郎自身が出演するこの秋公開の映画『コーヒーが冷めないうちに』の撮影秘話を披露。また、声優業に興味がある健太郎に、内田が声優テクニックをレクチャーするミニコーナーも展開される。

初収録を終えた内田は「映画については全然詳しくなくてドキドキしていたんですけど、いろんな面から触れられてとても楽しかったです。健太郎さんとは初対面で、硬派なイメージの方だなと思っていたのですが、実はイジられキャラだということがよく分かりました(笑)。いずれはスタジオを飛び出して、俳優さんに直接お話も聞いてみたいですし、告知映像だけでは伝わりきらない作品の魅力を私たちの言葉で伝えていきたいです!」と元気にコメント。

健太郎は「映画が大好きなので、ワクワクした気持ちで初収録に臨みました。内田さんとは初対面でしたが、とても明るく、話しやすい方ですごく楽しかったです。これから、色々な作品を紹介していくので、ぜひ幅広い年齢層の方に見ていただきたいです。役者だからこそ伝えられることもあると思うので、視聴者の皆さんが知ることができないような裏話を織り混ぜながらお届けしていきたいです!」とメッセージを寄せている。

東京2020オリンピック・パラリンピックまであと2年と迫る中、『めざましテレビ』(フジテレビ系)では、25周年「日本つながるプロジェクト」をスタート。7月15日から1年をかけて、東京1964オリンピック聖火リレーのルートの主要な場所を走って全都道府県をまわり、東京2020オリンピック期間中に世界の人々に見てもらいたい日本の超絶パフォーマンスを発掘していく。

ページトップへ
Twitter Facebook