中谷美紀玉木宏ユースケ・サンタマリア木村多江が、それぞれ夫婦を演じることで話題の新ドラマ『あなたには帰る家がある』(TBS系、4月13日スタート、毎週金曜22:00~ ※初回15分拡大)に、哀川翔の娘で若手実力派女優の福地桃子が出演することがわかった。

本作は、直木賞作家・山本文緒が1994年に発表した同名長編小説のドラマ化。「夫婦の絆」をテーマに、2組の夫婦が、“落ちてはいけない恋”によって翻弄されていく姿を描いたハラハラドキドキのストーリーになっている。中谷は、結婚13年目の主婦・佐藤真弓を、玉木は、人妻と不倫に走る真弓の夫・秀明を演じる。また、ユースケは、物語のキーパーソンとなる中学校教師・茄子田太郎を、そして木村は、秀明に強く惹かれていく太郎の妻・綾子を演じる。

福地が演じるのは、真弓と秀明の共通の友人、三浦圭介(駿河太郎)が鎌倉で営むおしゃれカフェ「カレーショップこまち」の店員で、エスニックな装いを着こなす個性派の看板娘・池田こはる。圭介を助けてホールを明るく切り盛りしつつも、真弓と秀明の夫婦の成り行きにも興味津々の今ドキ女子という役どころだ。

福地は「こういった大人の恋愛を描いた作品に携わらせていただくのが初めてなので、未知な部分が多く、参加できることにすごくワクワクしています。一つの夫婦にそれぞれがいろんな形で関わっていく中での、ひとりひとりの価値観や人間性が全然違うのが凄く面白いなと思います。こういう考え方もあるんだとか、自分にはない発想など、人の様々な部分をこの作品から学ぼうと思いました」とコメント。

演じる役柄については「鎌倉にあるお店ということで、10代ならではの人懐っこさや持ち前の明るさで、誰もが親しみやすくのんびりできる、そんな雰囲気のお店作りを心掛けたいなと思っています。私はそこでのシーンがほとんどなのですが、真弓と秀明がそこで繰り広げる夫婦のリアルな“愚痴”や“本音”をその場で聞けるのが、アルバイトの特権だなと思うのでとっても楽しみです」と期待を寄せる。

最後に「登場人物が個性豊かでみんな違うように、観る人によっても感じ方が全然違うと思うのでそこも魅力的です。カレー屋さんでのシーンでは訪れるお客さんみんながのびのびとしていて、そこで働いているとそれがとても嬉しいんです。またこのお店になんか来たいな~と思ってもらえるような店員さんを目指して頑張りたいと思います! 結婚をされている方はもちろん、若い世代の方やまだ結婚をされていない方なども、自分だったらどうするかな と一緒に考えながら観ていただきたいです!」と語っている。

町田啓太が主演を務めるドラマドキュメンタリー『僕を主人公にした漫画を描いてください!それをさらにドラマ化もしちゃいます!!』(テレビ東京系、毎週水曜25:00~)=通称『僕ドラ』の第4回が、1月26日に放送。町田自らがアイデアを出し、脚本には書かれていない細かい役作りを監督と一緒に作り上げていくといった撮影現場の裏側が紹介された。

ページトップへ
Twitter Facebook