坂上忍が、4月17日(火)20時から2時間スペシャルで放送される『マツコの知らない世界』(TBS系)に出演する。

一般人や文化人、時にはタレントや有名人のゲストが、自らの得意ジャンルを企画として持ち込み、マツコ・デラックスにプレゼンしていくスタイルの同番組。今回は、「これだからやめられない!役者の世界」をテーマに、坂上はマツコとサシ(※差し向かい)でトークを繰り広げる。

登場早々、坂上が「普段はマツコがアドバイスをくれて……」と語ると、すぐさまマツコが「やめて~っ! そうやって持ち上げて落とし込まないで」と否定。すると坂上が「いつも優しくて心配してくれるんでね」とフォローし、マツコが「ひとりで戦っている人だから、頑張って欲しいの」とお互いを気遣う仲の良さを見せる。また、坂上が見たドラマの打ち上げでのマツコの様子や、生放送の前に楽屋でふと考えること、さらに今のテレビについてなどを語り合うが、話がどんどん脱線し、めったに聞けないトークへと展開していく。

そしてマツコが“役者の世界”を坂上から学ぶことに……。今でこそテレビ番組の司会者としてのイメージが強いが、3歳から子役として劇団に所属していた坂上。これまで120本以上もの映画やドラマに出演してきた芸歴47年のベテランだ。5歳で大ヒットドラマ『ありがとう』(※第3シリーズ 1973年・TBS系)に出演以来、山口百恵、岩下志麻、萩原健一、小林旭、勝新太郎など数々の大物役者と共演してきた。そんな中から、初ベッドシーンでの失敗談、あの大物女優を図らずも激怒させてしまった出来事など、今だから話せる 当時の仰天エピソードを告白。これには、さすがのマツコも驚愕する。

また、自ら映画や舞台の演出・脚本・監督も手掛け、子役の育成にも尽力する坂上がNo.1に選んだ、「泣きの芝居」「マルチ対応」がスゴイと思う役者2人に演技を即興で披露させ、マツコの目の前に突きつける。優しさと厳しさが交差する坂上の役者愛に、果たしてマツコは何を感じ、何を思うのか?

坂上は「ドラマや舞台は、終わりに向かってスタッフも役者も頑張るが、バラエティは終わらせないように頑張る、終わらせちゃいけないモノをやっているから」と、役者とバラエティの狭間で生きる心境をマツコに吐露する一幕も。さらに、坂上とマツコが、お酒を酌み交わしながら語る内容にも注目したい。

マツコ・デラックスも“知らない世界”を、その道を愛してやまないスペシャリストが紹介していくバラエティ『マツコの知らない世界』(TBS系、毎週火曜20:57~)。11月12日の放送では、「ほうじ茶スイーツの世界」と「信号機の世界」に迫る。

ページトップへ
Twitter Facebook