松本潤主演の連続ドラマ『99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ』(TBS系、毎週日曜21:00~)第8話が、3月11日に20分拡大で放送される。

個性的な刑事専門弁護士たちがぶつかり合いながらも、逆転不可能と思われる刑事事件に挑む姿を描く本ドラマ。松本が主人公の弁護士・深山大翔を、木村文乃が元裁判官の尾崎舞子を、香川照之が深山とコンビを組む弁護士・佐田篤弘を演じている。第8話は、選挙を目前に控えた、元文部科学大臣で、現在は議員をしている男の選挙事務所を舞台に、毒物による殺害事件が発生。森口瑤子佐野史郎篠井英介、白井晃、おかやまはじめ、原金太郎、そして緒方かな子がゲスト出演する。

ある日、選挙を目前に控えた元文部科学大臣・藤堂正彦(佐野)議員の事務所に、羊羹が送られてきた。これを食べた、藤堂議員と妻の京子(森口)、後援会長の金子源助(原)、第一秘書・上杉の4人のうち上杉が死亡、京子は意識不明の重体になった。事件後、羊羹の送り主であるニシカワメッキ社長・西川五郎(おかやま)は逮捕・起訴されていた。

鑑定の結果、羊羹に混入されていた毒物は、依頼人の会社が保有するものと一致した。しかも、新規事業のために西川は、藤堂議員に陳情に行き断られていたという動機まで発覚。絶対的不利な状況の中、佐田はなぜか乗り気に。一方、深山はある矛盾に気付く……。

竹財輝之助さんが主演を務め、日中共同プロジェクトとして制作されたドラマ『東京男子図鑑』(カンテレ、毎週木曜24:25~)が、4月30日からスタートします(放送翌日の10時より、カンテレドーガ、TVerほかにて配信)。

ページトップへ
Twitter Facebook