3月4日に放送される松本潤主演の連続ドラマ『99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ』(TBS系、毎週日曜21:00~)第7話に、「銀河鉄道999」などの代表作を持つ漫画家・松本零士がゲスト出演することがわかった。

個性的な刑事専門弁護士たちがぶつかり合いながらも逆転不可能と思われる刑事事件に挑む姿を描く本ドラマ。松本潤は主人公の弁護士・深山大翔を、木村文乃が元裁判官の尾崎舞子を演じている。第7話は、香川照之演じる弁護士・佐田篤弘が業務上横領幇助の容疑で逮捕されてしまうストーリーが展開。さらに、ヒャダイン、比嘉愛未、佐戸井けん太、田中美奈子、枡田絵理奈、そしてアンミカがゲスト出演する。

松本零士は、テレビ出演こそあるものの、連続ドラマに出演することはこれが初。自身も傘寿を迎え、漫画「銀河鉄道999」も40周年を迎えた記念すべき本年に、異例のコラボが実現することとなった。ちなみに、その40周年を記念した舞台『銀河鉄道 999』~GALAXY OPERA~が6月から上演されることもあり、本作スタッフのオファーとタイミングが合致した事から、今回の出演に繋がった。

深山が居候している小料理屋 「いとこんち」の場面に登場する松本零士は「初めてのドラマ出演で、たくさんのスタッフや役者さんが時間をかけて作りあげる姿にまた新しい勉強となりました。幼い頃、遠泳したり野山を駆け回っていたので、体力には自信がありますので、撮影の長さはへっちゃらでした。また機会がありましたら、ぜひよろしくお願いします。6月から上演する舞台『銀河鉄道999』~GALAXY OPERA~も、このドラマのように盛り上がってくれることを期待します」と語っている。

次回 12月5日(土)よる10時 第9話が放送の日本テレビ系土曜ドラマ「35歳の少女」。先週第8話で登場した、失踪した望美(柴咲コウ)が暮らす「色のない部屋」。これは、ドラマのキーアイテムである本『モモ』に出てくる「灰色の男」をイメージした場所。『モモ』では、

ページトップへ
Twitter Facebook