3月4日に放送される松本潤主演の連続ドラマ『99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ』(TBS系、毎週日曜21:00~)第7話に、アンミカが出演することがわかった。アンミカは、今作が民放連続ドラマ初出演となる。

個性的な刑事専門弁護士たちがぶつかり合いながらも逆転不可能と思われる刑事事件に挑む姿を描く本ドラマ。松本は主人公の弁護士・深山大翔を、木村文乃が元裁判官の尾崎舞子を演じている。第7話は、香川照之演じる弁護士・佐田篤弘が業務上横領幇助の容疑で逮捕されてしまうストーリーが展開。佐田が顧問弁護士を務めるオガタテクノロジーの社長・緒方役にヒャダイン、オガタテクノロジー従業員・笹野桜役に比嘉愛未、専務・大河原孝正役に佐戸井けん太、経理担当・中村麻美役に田中美奈子と、豪華なゲスト出演陣が既に発表されている。

佐田逮捕の発端となるのが、緒方社長の失踪事件だ。緒方が失踪した当日、会社の金の一部が佐田の個人口座へ振り込まれていたことが発覚し、逮捕されてしまう。アンミカが演じるのは、緒方の元妻・満里恵。深山たちが佐田を救うべく調べを進める中で、重要な鍵を握る人物となる。

「美のカリスマ」であると同時に「テレビショッピングの女王」とも言われ、巧みな話術で紹介する商品を完売に導くなど、抜群のトーク力で人気のアンミカは、民放連続ドラマという初舞台でどのような演技を見せるのか? アンミカは「45歳で初めての民放連続ドラマに出演をさせていただけるとは! いくつになっても初めての経験はワクワクします。今回のドラマも大阪弁での演技だったので、自然に楽しませていただきました! これからもアクの強い面白い役など、さまざまな表現にできるならばチャレンジしてみたいです!」と明るく語っている。

次回 12月5日(土)よる10時 第9話が放送の日本テレビ系土曜ドラマ「35歳の少女」。先週第8話で登場した、失踪した望美(柴咲コウ)が暮らす「色のない部屋」。これは、ドラマのキーアイテムである本『モモ』に出てくる「灰色の男」をイメージした場所。『モモ』では、

ページトップへ
Twitter Facebook