俳優の佐藤健が7日、都内で行われた主演映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』の大ヒット記念舞台あいさつに出席。バレンタインデーが間近に迫るなか、壇上には特製バレンタインチョコレートが用意され、佐藤が「大ヒットありがとう」と感謝のメッセージをホワイトチョコでデコレーションする演出が行われたが、その完成度を絶賛されると佐藤は思わず苦笑い。「学生時代美術の成績は実は5段階で2。一番ダメだったんです」とカミングアウトして観客を笑わせた。

エイズで親を亡くしたウガンダの子どもたちと、津波に親を奪われた東北の子どもたちが運命の出会いを果たし、ニューヨーク・ブロードウェイの舞台に立つまでの姿を追ったドキュメンタリー映画『シンプル・ギフト』が、11月3日(土)より、有楽町スバル座にて公開される。

ページトップへ
Twitter Facebook