石原さとみ主演の連続ドラマ『アンナチュラル』(TBS系、毎週金曜22:00~)第4話が、2月2日に放送。今回は、UDIラボで働く法医解剖医・中堂系(井浦新)の秘密が明らかになる。

本作は、日本に新設された死因究明専門のスペシャリストが集まる「不自然死究明研究所(UDIラボ)」を舞台にした、一話完結の医療ミステリー。法医解剖医の三澄ミコトたちが、UDIラボに連日運び込まれる“不自然な死”(アンナチュラル・デス)の遺体の死因を究明する。UDIラボには、三澄班と中堂班の2チームが存在しており、三澄班は執刀医の三澄ミコト(石原)、臨床検査技師の東海林夕子(市川実日子)、記録員の久部六郎(窪田正孝)。中堂班は、中堂のほか、臨床検査技師の坂本誠(飯尾和樹)だ。そして、彼らを束ねているのが所長の神倉保夫(松重豊)となっている。

ある日、ミコトの母であり、弁護士の夏代(薬師丸ひろ子)がUDIに解剖の依頼にやってきた。バイク事故によって、若くして亡くなった佐野祐斗(坪倉由幸)の死因を究明してほしいという。佐野には妻・可奈子(戸田菜穂)と子どもが2人いたが、バイクの任意保険が切れていた上に生命保険にも加入していなかった。佐野は早朝から深夜まで身を粉にして働いてきたが、事故後の会社の心ない対応が、可奈子の悲しみに追い打ちをかけていた。子ども2人を抱えて途方に暮れる彼女を助けるべく、夏代がUDIに連れてきたのだ。

佐野が事故を起こした原因として考えられるのは、「佐野が勤めていた工場の長時間労働による過労」「乗っていたバイクの修理ミス」「かかりつけ医師による病気の見落とし」の3点。死因次第で責任の所在が変わるため、死因究明は遺された家族にとっては重要な問題となる。また、疑いをかけられた勤め先の工場長、バイク屋の店長、病院の弁護士がUDIにやってきて、醜い責任の押し付け合いをし始める。

中立公正な立場にあるミコトたちは解剖に取り掛かるが、佐野の意外な死因を発見してしまう。果たして、UDIは遺された家族を救うことができるのか?

一方、UDIに「お前のしたことは消えない、裁きを受けろ」と書かれた脅迫状が届く。中堂は「自分に宛てられたものだ」と言う。葬儀屋の木林(竜星涼)を使い、怪しい動きをしている中堂の秘密とは?

ページトップへ
Twitter Facebook