佐藤健と土屋太鳳が夫婦役を演じている映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(12月16日公開)が、公開から2日間で興行収入2.6億円を突破。週末の興行ランキングでも邦画実写作品で第1位に輝き、大ヒットスタートを切る形となった。

40歳のときに経験した滝田洋二郎監督の映画『病院へ行こう』、ドラマ『ネットワークベイビー』(NHK)、映画『ゼイラム』(雨宮慶太監督)の3本が俳優人生のターニングポイントだったという螢雪次朗さん。 俳優として注目を集め、

ページトップへ
Twitter Facebook