国民的スケーターの浅田真央が、12月31日(日)18時より放送される大晦日恒例のスポーツ大型特番『KYOKUGEN2017』(TBS系)に出演することがわかった。

番組では、ここでしか見られない一夜限りのスペシャル演技を生披露する浅田。さらに、人生初の挑戦として、演技構成、衣装作成、選曲も手がけるという。選曲したのは、自身が大好きだというミリオンセラーアーティストの代表曲で、衣装にも彼女の強いこだわりが詰まっている。

実は今回、このプログラムには浅田が今伝えたい“ある特別な想い”が込められている。密着取材中、それについてスタッフから聞かれると、思わず涙する浅田。はたして、そのメッセージとは?

さらに、浅田の歌への想いを受けて、大晦日当日、そのアーティストの生歌でのコラボレーションが実現することもわかった。

大晦日の本番へ向けて、体力強化、プログラム作成、そしてジャンプの練習と、着々と準備を進めている浅田は「このお話をいただいた時に、すぐにあの楽曲が頭に浮かびました。実は、日本語の楽曲で滑るのは初めてなんです。歌詞に込められた想いをかみしめながら、全力で滑ります。多くの方々に観ていただけると嬉しいです。ただ生放送は、本当に本当に緊張します!」と語っている。

大晦日の夜、果たして彼女はどのような滑りを見せるのか? 浅田とコラボレーションするアーティストとは一体誰なのか? そして、演技に込めた“ある特別な想い”とは?

人気芸人のバナナマンがMCを務め、世の中のありとあらゆるものの「ソノサキ」にある驚きと感動のドラマを、笑いとともに届けるバラエティー『ソノサキ ~知りたい見たいを大追跡!~』(テレビ朝日系、毎週火曜23:15~)。2月20日の放送では、いとうあさこ、銀シャリ、佐藤エリらをゲストに迎え、ヘルシー志向の女性たちに人気のスープストックトーキョーの製造工場を紅蘭が取材する。

ページトップへ
Twitter Facebook