小泉今日子主演の連続ドラマ『監獄のお姫さま』(TBS系、毎週火曜22:00~)第8話が、12月5日放送。今回は、馬場カヨ(小泉)が書いていた「復讐ノート」が、刑務官・若井ふたば(満島ひかり)の手に渡ってしまう。また、獄中交際しているカヨとのぶりん(塚本高史)の、幸せなひとときも描かれる。

宮藤官九郎が脚本を手がける本作は、5人の女囚と1人の刑務官による、イケメン社長への復讐劇を描いた“おばさん犯罪エンターテインメント”。主人公の女囚・カヨが、冤罪で服役している江戸川しのぶ(夏帆)の復讐のため、刑務官のふたば、囚人仲間の勝田千夏(菅野美穂)、大門洋子(坂井真紀)、足立明美(森下愛子)と、出所後にある大企業のイケメン社長・板橋吾郎(伊勢谷友介)を誘拐する。誘拐事件を起こす2017年の現在と、5人が服役していた2012年からの過去を交互に描いている。

2014年冬、服役中のカヨは美容資格国家試験を受けて見事合格、刑務所内にあるつぐない美容院で働くことになった。ある日、検事の長谷川ことのぶりんが来店。つかの間の幸せな時間を過ごしす二人だったが、突然入ってきた刑務官の若井に、復讐が書かれたノートについて詰められる。動揺したカヨはそのノートを探すが、すでに若井の手に渡っていた……。

懲罰房に入れられたカヨは「しのぶの冤罪を晴らすため、犯罪者でも正義を貫きたい」と必死に訴える。だが、ふたばは刑務官として激しく批判し、「結局は目の前からの現実逃避だ」と叱責するのだった。

そんな中、千夏、明美、同房のリン(江井エステファニー)が仮釈放になり、カヨにしのぶを託し出所していく。それぞれの行き先とは?

5月26日に放送される、新川優愛主演のオトナの土ドラ『いつまでも白い羽根』(東海テレビ・フジテレビ系、毎週土曜23:40~)最終回に、6月2日に同枠でスタートする新ドラマ『限界団地』の主演を務める佐野史郎が出演することがわかった。

ページトップへ
Twitter Facebook