有線放送のリクエストデータに基づき決定される『第50回日本有線大賞』(TBS系にて12月4日19:00~)のMCを、梅沢富美男吉田羊が務めることが発表された。吉田は2015年に続き2度目。梅沢は今回が初となるが、会見では「ドッキリかと思った」とオファーに半信半疑だったことを明かして笑いをとった。同賞の放送は今年で最終回。当日は梅沢自身も歌を披露するといい、梅沢は「最後を飾れるよう頑張ります」と意気込んだ。

会見場に姿を現した梅沢は「俺、司会なんてしたことないし、そういえば何かのアンケートで嫌いな司会者の4位になったばかりだよ。横文字も苦手だし、若い子たちの名前を間違ったりしても失礼だし……。責任持てないな」と自信なさげ。「最後の有線放送。最後が俺で大丈夫か?」と会場にいたスタッフに問いかける一幕も。

また、「生放送だし余計なこと言っちゃいそうだし、ハプニングはあると思いますよ。あるに決まっているじゃん」と苦笑いで、「歌の人は面倒くさい。誰がトップで歌うんだとか、順番でもめたり。あんまりお付き合いしないほうがいいなって思ってつき合わないようにしてきた」とさっそく爆弾発言も飛び出し、隣りで梅沢の言動を聞いていた吉田は思わず困り顔を見せた。

もっとも、梅沢の方は吉田に興味津々。「ご挨拶した時にすごくセクシーだなって思った」とコメントして鼻の下を伸ばすと、「当日は胸の空いた、背中くっきりのドレスがいいな。女性は背中が一番好きで……」と吉田の当日の衣装にリクエストして吉田を照れさせる場面も。

会場で歌を披露することについては「歌えという話はまったく聞いていなかった。今聞いた。ノミネートされているの? って聞いたらしてませんって。最初は断ったんですよ。だって悔しいじゃない。ノミネートもされていないのに」とぼやき節。「形だけでもいいからなんか賞くれればいいじゃない。特別賞とかさ」とごねたが、悪い気持ちはしていない様子。「歌えっていうなら頑張って歌う。名誉だからね。今時のやつは俺が歌を歌っていたことも知らないやつが多い。歌が上手いんだっていうところを見せてやりますよ」と意気込みを語った。

一方の吉田は、梅沢について「自由な方。梅沢さんをどうコントロールするかが成功できるかの鍵。当日のハプニングも含めて梅沢さんと楽しめればと思っています」と謙虚なコメント。「前回つたない司会だったのでもう一度お話をいただけたのはありがたい」と述べ、「司会進行はプロの方にはもちろんかなわないけど、とにかく2人で楽しんでやっていることがみんなに伝わればいいな」と話していた。

連日ワイドショーを賑わせる「セクハラ」「パワハラ」問題をテーマにした番組『バカリズムの新説ハラスメント大事典』(テレビ東京系※テレビ大阪は後日放送)が、10月22日(月)と29日(月)の2週にわたり、24時12分から放送される。

ページトップへ
Twitter Facebook