脚本・宮藤官九郎×主演・小泉今日子の最強タッグでスタートした連続ドラマ『監獄のお姫さま』(TBS系列、毎週火曜22:00~)。10月24日に放送される第2話では、女子刑務所を舞台に、小泉演じる主人公・カヨたちが展開する女囚vs女囚の壮絶バトルが描かれる。

本作は、5人の女囚と1人の刑務官による復讐劇を描いた“おばさん犯罪エンターテインメント”。

先日放送された第1話では、2017年のクリスマスイブ、女囚・カヨが、殺人の冤罪で服役している江戸川しのぶ(夏帆)の復讐のため、刑務官の若井ふたば(満島ひかり)、囚人仲間の勝田千夏(菅野美穂)、大門洋子(坂井真紀)、足立明美(森下愛子)と、出所後に、しのぶの元婚約者で大手企業のイケメン社長・板橋吾郎(伊勢谷友介)を誘拐するまでのドタバタ劇が描かれた。

そして、第2話の舞台は、その6年前となる2011年の秋。夫に対する殺人未遂で「自立と再生の女子刑務所」に収監されたカヨは、スパルタ教官・ふたばや兼ねてから憧れていたカリスマ経済アナリスト・千夏と出会う。しかし、同房の受刑者たちから嫌がらせを受けたり、意気投合したかに思えた千夏といがみ合ったりと波乱の連続。さらに、過去と現在が交差して描かれ、しのぶ逮捕の理由であり、吾郎誘拐の発端となった「爆笑ヨーグルト姫事件」の全貌も少しずつ見えてくる。

予告動画では、「銀行女!」「財テクブス!」と罵り合うカヨと千夏、そして「雑居房の“雑”は雑魚の“雑”」「何、悲劇のヒロインみたいな顔してるの!」と、きつい言葉で接するふたばの様子が見られる。新入り女囚・カヨは、どうなってしまうのか?

2020年7月スタートの日本テレビの水曜ドラマ(水曜よる10時)「私たちはどうかしている」。光月庵に入ったばかりの見習い職人で、素直で明るい好青年、七桜(浜辺美波)とすぐに打ち解け互いに励まし合い次第に距離を縮めていく城島裕介役を演じるのは、高杉真宙。意気込み

ページトップへ
Twitter Facebook