8月4日に開幕し盛り上がりを見せている『世界陸上ロンドン』。10日、日本代表のサニブラウン・アブデル・ハキームが、日本勢として末續慎吾(2003年世界陸上パリ大会 男子200メートル銅メダリスト)以来14年ぶりに、男子200メートルで決勝に進んだ。

18歳5ヵ月での決勝進出は、ウサイン・ボルト(ジャマイカ)の持っていた最年少記録18歳11ヵ月を6ヵ月も更新する快挙。サニブラウンが出場する決勝の模様は、8月11日(金・祝)5時45分より、TBSにて独占生中継で全国放送される。末續以来14年ぶりのメダル獲得なるか。10日から11日にかけての放送予定は以下の通り。

放送時間:23時~翌朝7時
<主な競技予定>
深夜2時25分頃 女子5000メートル予選
深夜3時頃 男子やり投げ予選A
深夜3時5分頃 女子走高跳予選
深夜3時20分頃 女子800メートル予選
深夜4時15分頃 男子三段跳決勝
深夜4時20分頃 男子1500メートル予選
深夜4時30分頃 男子やり投げ予選B
朝5時頃 女子200メートル準決勝
朝5時30分頃 女子400メートルハードル決勝
朝5時45分頃 男子200メートル決勝 ※サニブラウン・アブデル・ハキーム出場

プロアスリートが引退後、指導者や解説者などとしてセカンドキャリアをスタートさせられるのはごく一部。引退後の生活に不安を抱えている者は少なくない。10月24日放送のサッカー番組『FOOT×BRAIN』(テレビ東京系、毎週土曜24:20~)では、株式会社Maenomeryの星野崇史代表取締役社長と山本弘明取締役をゲストに招き、アスリートたちの新たな活動方法“デュアルキャリア”を特集した。

ページトップへ
Twitter Facebook