俳優の船越英一郎が、8月28日(月)20時から放送されるドラマ『居酒屋もへじ~ありがとう父ちゃん~』(TBS系列)に出演することがわかった。

本作は、水谷豊主演、石井ふく子プロデュースによるドラマシリーズ『居酒屋もへじ』の最新作。東京・上野にある小さな居酒屋「居酒屋もへじ」を舞台に、水谷演じる店主・米本平次と家族以上の絆で結ばれた人々の日常を通して、人の温かさや心の交流を描く。

第6弾となる今作のゲストは、松坂慶子と船越。松坂は、2011年9月に放送された第1弾にもマドンナ・佐伯陽子役で出演したが、2度目の出演となる今回も同じ役を演じる。5年ぶりに再会する平次と陽子のやりとりにも注目だ。そして船越は、平次が引き取って育ててきた長男・明(高田翔)の実父・高木健也役で出演。水谷と船越は30年以上にわたる親交があり、二人の息のあった熱演は大きな見どころだ。

6年ぶりの共演となる松坂について、水谷は「同い歳で、同じ月に生まれ、同じ星座、血液型も同じで、お互い児童劇団出身と共通点が多いんです。常に自然体で穏やかな方なので、いい意味で気を遣わず、僕自身も気が楽でした(笑)。平次はいつもマドンナに心を動かされるのですが、今回は設定上、心を動かされないように気をつけましたね(笑)」と信頼を寄せる。

一方の船越については「英一郎のことは昔からよく知っているんです。というのも、僕は『熱中時代』(日本テレビ系列)という作品で、英一郎の父・船越英二さんに随分可愛がっていただいたんです。大学を卒業した英一郎が俳優を志す時には“英一郎をよろしく”と英二さんに頼まれたくらいです。プライベートでの付き合いはありますが共演経験はあまりないので“いつか、一緒にやりたいね”と会うたびに話していたのですが、石井プロデューサーがご縁を作ってくださり、本格的な共演が実現して本当に嬉しいです」と喜びを語っている。

平田満と鶴田真由が、1月25日からスタートする元乃木坂46の深川麻衣主演の新ドラマ『日本ボロ宿紀行』(テレビ東京系、毎週金曜24:52~)に出演することがわかった。また、ドラマ主題歌をメレンゲのクボケンジによるプロジェクト・初恋のテサキが担当することも決定。さらに今回、番組ポスタービジュアルも発表された。

ページトップへ
Twitter Facebook