ロッチの中岡創一と、“神ボディ”の持ち主として注目の女優・片山萌美が、7月スタートの新ドラマ『ハロー張りネズミ』(TBS系列、毎週金曜22:00~)に出演することがわかった。

瑛太主演の本作は、「島耕作シリーズ」でお馴染みの弘兼憲史が、1980から1989年にわたり講談社「週刊ヤングマガジン」にて連載していた同名コミックの映像化。東京都板橋区の下赤塚にひっそりと事務所を構える「あかつか探偵事務所」を舞台に、一風変わった探偵「ハリネズミ」こと七瀬五郎(ゴロー)と仲間たちが、時に人情味あふれる哀しい事件に、また時に想像を超える難事件に挑んでいく。探偵ドラマというジャンルに属していながら、人情モノ、殺人ミステリー、超常現象、ホラー、国際犯罪、歴史ミステリーまで描き、まさにジャンルレスな展開を見せていく。瑛太のほか、深田恭子、森田剛、山口智子が出演する。

TBSドラマ初出演となる中岡が演じるのは、瑛太演じるゴローや、森田演じるゴローの相棒・木暮久作(グレ)が所属する「あかつか探偵事務所」の階下にあり、2人が入り浸るスナック「輝(キララ)」のマスター役。無気力な年齢不詳の独身中年で、私生活などは謎に包まれている。中岡は「まだセリフの数は少ないですが、リラックスしてやらせてもらってます。瑛太さんと森田さんについては、オフから急にオンになるところに、さすが役者さんだなとびっくりしました。ギャップがすごいですね」と語る。

また、片山が演じるのは、「輝」のバイト従業員・萌美。巨乳で普段から露出の多い格好をしており、ゴローとグレからたびたび下心満載のちょっかいを出されている。普段は温厚だが、ときどき激情家な一面もあるという。片山は「クランクイン前はすごく緊張していたのですが、皆さんが穏やかな空気を作って下さったのでリラックスして臨めました。第1話にある、私たちがいるスナックの2場面がある意味物語のキーになると思うので、注目して見ていただけたら」とコメント。そんな片山に対し、中岡は「大根仁監督が萌美ちゃんの胸に尋常じゃないほど執着して撮影していたので、そういう部分も見どころだと思います(笑)」と付け加えている。

大抵のラブストーリーは、恋する2人の間にライバルが割って入ったり、最終回直前になってどちらかに海外行きの話が持ち上がったり。そんな波乱と障害を乗り越えて結ばれたところでハッピーエンド。 でも、私たちが見たいのはハッピーエンドのその先で。恋が終わって、愛になる。その過程には生活があって。「2人は末永く幸せに暮らしましたとさ」のいう締め括りのその一文にあるものを知りたいのに、ドラマでは意外と描かれない...

ページトップへ
Twitter Facebook