波瑠主演の連続ドラマ『あなたのことはそれほど』(TBS系列、毎週火曜22:00~)第3話が、5月2日に放送。今回は、主人公・美都(波瑠)と不倫している有島(鈴木伸之)に、待望の赤ん坊が誕生する。

本作は、二組の夫婦のマリッジライフと四者四様に揺れる予測不能な恋愛模様を描いたラブストーリー。主人公・渡辺美都(波瑠)、美都を一途に愛し続ける夫・渡辺涼太(東出昌大)、もう一組の夫婦で聡明な妻・有島麗華(仲里依紗)、麗華の夫で美都の初恋相手・有島光軌(鈴木)といった既婚者同士が恋愛をし、いびつな四角関係を展開する。

第2話で、不倫関係に陥り、温泉旅行に行った美都と有島。しかし、里帰り中の妻が出産したことを電話で聞かされた有島は、目の前にいる美都に結婚していることを明かし、彼女を置いてそのまま帰ってしまう。

第3話では、宿に取り残された美都が、有島との再会が“運命”ではなかったことに落胆していると、母・悦子(麻生祐未)が階段から落ちて病院へ運ばれたと連絡が入る。

美都が大慌てで母のもとへ向かうと、一足早く涼太が病院にいる悦子を迎えに行っていた。そんな涼太は、悦子の体調を案じ、回復するまでマンションに一緒に住まないかと提案する。慌てる美都をよそに喜ぶ2人。しかし、母の体調が芳しくないことを知った美都は、いやいやながらも提案を受け入れる。

一方、有島は妻子に付きっ切りで、美都からの着信を無視し続けていた。連絡がつかないことに苛立つ美都は、旅行土産をヤケ食いしていると、突然吐き気をもよおしトイレに駆け込む。その様子を見た涼太は、美都が妊娠したのではないかと勘ぐる。

悦子と3人で暮らす日々の中で、涼太の優しさに罪悪感を覚えた美都は、涼太の同僚・小田原(山崎育三郎)を招きホームパーティーをすることを提案する。これを機に、美都は不倫に終止符を打とうと決意し、久々の有島からの誘いにも素っ気なく断り続けるが……。

米倉涼子が主演を務める『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(テレビ朝日系、毎週木曜21:00~)の第8話が、12月2日に放送。これまで多くの“生の希望”を描いてきた本作において、まさかの終わり方にSNS上には驚きの声があがっていた(以下、ネタバレが含まれます)。

ページトップへ
Twitter Facebook