藤原竜也主演の連続ドラマ『リバース』(TBS系列、毎週金曜22:00~)の第3話が、4月28日に放送。今回は、ついに最初の犠牲者が出る。

湊かなえの同名小説を映像化した本作。主人公・深瀬和久(藤原)の恋人・美穂子(戸田恵梨香)のもとに届いた「深瀬は人殺しだ」という告発文を機に、深瀬が10年前に起きた親友・広沢由樹(小池徹平)の不審死の真相と向き合っていく姿を描いたヒューマンミステリー。そのほか、深瀬や広沢のゼミ仲間で、事件が起きた旅行に同行していたメンバーとして玉森裕太(Kis-My-Ft2)、三浦貴大、市原隼人らが出演する。

第2話で、美穂子に10年前の事件に関する“秘密”を打ち明けた深瀬。しかし、そのことがきっかけで2人の間に距離ができてしまった。潤いのある生活が突然覆り、深瀬は心のダメージを隠せない。

また、浅見(玉森)、村井(三浦)、谷原(市原)の元にも告発文が届いた。改めて事件を思い出し、互いを探り始める4人。そんな中、深瀬は「昔の話」だと呑気に構える谷原に不快な思いを抱く。

一方、そんな彼らに接触を続けるジャーナリストの小笠原(武田鉄矢)は、事件について“殺人”の可能性を疑っていた。そして「本当に隠していることはない?」と執拗につきまとう小笠原に対し、深瀬はようやく重い口を開いた。その話を聞いた小笠原は「広沢の死には事件性があり、殺人の可能性もある」と示唆。一番怪しいのは、第一発見者だった谷原とのこと。谷原、浅見、村井と集まった深瀬は、谷原に対し疑惑を深めつつ、それぞれが事件に関して隠し事をしているように感じる。

そんな中、谷原だけは告発文を逆手にとり、チャンスを掴もうとし……。

人気ドラマ『おっさんずラブ』の新シリーズ、土曜ナイトドラマ『おっさんずラブ-in the sky-』(テレビ朝日系、毎週土曜23:15~)が、11月2日から放送がスタート。このたび主演の田中圭演じる“はるたん”こと、春田創一を取り巻く3人の男性(吉田鋼太郎、千葉雄大、戸次重幸)との“ラブシーン”写真が公開された。

ページトップへ
Twitter Facebook