プロ、アマ、芸歴問わず、全国の挑戦者たちが熱いバトルを繰り広げて“コント芸の日本一”を決定する『キングオブコント2016』のファイナリスト10組が、9日に発表。エントリー総数2510組からファイナリストに選ばれたラブレターズ(塚本直毅・溜口佑太朗)が、テレビドガッチの動画インタビューに応じ、決勝に向けた意気込みなどを語った。

今回で3度目の決勝進出となる2人。準決勝のステージでは動きの多いネタを披露していたが、実は塚本は、2ヶ月前に交通事故に遭い、腰骨を折るというアクシデントに見舞われていたという。「38,000円したというコルセットを装着して何とか切り抜けました。決勝までには外して勝負したい」と誓うと、溜口も大きく頷き、「ニコニコしながら優しい目で見て下さい」と呼びかけていた。

ファイナリストはラブレターズのほか、しずる、ななまがり、ジャングルポケット、だーりんず、ジグザグジギー、タイムマシーン3号、かもめんたる、ライス、かまいたちの10組(順不同)。決勝の模様は、10月2日(日)19時よりTBS系列にて生放送される。

3月22日(金)に放送される『徹子の部屋』に、IKKOと和泉元彌のモノマネで大ブレイクしている、結成14年目を迎えたお笑いコンビ・チョコレートプラネットが初登場する。 最近はIKKO本人より「どんだけ~」と言っている松尾

ページトップへ
Twitter Facebook