プロ、アマ、芸歴問わず、全国の挑戦者たちが熱いバトルを繰り広げて“コント芸の日本一”を決定する『キングオブコント2016』。9日、東京・赤坂ブリッツで準決勝が行われ、決勝進出者10組が決定した。

エントリー総数2510組の中から見事勝ち抜いたのは、しずる、ななまがり、ジャングルポケット、だーりんず、ジグザグジギー、ラブレターズ、タイムマシーン3号、かもめんたる、ライス、かまいたちの10組(※順不同)。

昨日待望の第一子が誕生した、しずるの村上純は、名前が1番目に呼ばれると「1組目に呼ばれるとは思わなかった」と、池田一真も「正直嬉しい」と大喜び。第1回から挑戦し続けていたという、ななまがりの二人は「嬉しい!」と共に声を上げ、中でも初瀬悠太は、大阪時代に「嫌いな芸人ランキング」の1位と3位にランクインしたことがあることを明かした上で「嬉しい」と笑顔を見せた。ジャングルポケットの斎藤慎二は「嬉しい。ネタは自信があったので、あとは運だなと」と冷静な表情を、太田博久も「ネタをたくさん作っていたので嬉しい」とホッとしていた。

また、だーりんずの小田祐一郎は、相方の松本りんすがハゲていることを突然暴露。親交が深いという伊集院光から「ハゲが気になって、ネタが頭に入ってこない」ことを理由に、50万のカツラを買ってもらったと明かした。そして「決勝に行かなかったらひっぺがす、と言われていたので、そういう意味でも助かった(笑)」と語った。ジグザグジギーの宮澤聡も「新たに旅館の受付のアルバイトを始めた」と最近の出来事を話すと、池田勝が「頑張ります」と抱負を。2014年にもファイナリストに選ばれたラブレターズの濱口佑太朗は「その時、全国的に恥を掻いたので干されたかと思った」と、放心状態になっていた。タイムマシーン3号は、関太が「ビッグサプライズ」と大声で叫び、喜びを露わにした。

そして、2013年の優勝者・かもめんたるは、名前が呼ばれると岩崎う大が「やったー!」とガッツポーズ。「仕事がないから出た(笑)」と本音を呟くと、槙尾ユウスケが「良い結果を出したい」と気合いを入れていた。

さらにライスは、関町知弘が「こういう景色だったんですね」としみじみ。最後に呼ばれたかまいたちの濱家隆一は、「泣きそうです。頑張ります」と目に涙を滲ませていた。

今回勝ち抜いた10組は、10月にTBS系列にて生放送される決勝戦で、それぞれ渾身のコントを披露する。

マツコ・デラックスも“知らない世界”をその道を愛してやまないスペシャリストが紹介していくバラエティ『マツコの知らない世界』(TBS系、毎週火曜20:57~)。11月30日の放送では、「カボチャの世界」と「国道16号線の世界」が紹介される。

ページトップへ
Twitter Facebook