歌手でタレントのIZAMが、3月16日に放送されたバラエティ番組『ラストキス~最後にキスするデート』(TBS系列、毎週火曜23:53)にゲスト出演し、愛妻・吉岡美穂とのなれそめを明かした。

人気芸能人が実際に経験したキスエピソードをVTRで再現するコーナーにて、IZAMは、吉岡と出会ったきっかけや交際を申し込んだ時のエピソードを告白。映画撮影の際、偶然同じ控え室になったことをきっかけに知り合った二人は、12時間に及ぶ待ち時間の間、吉岡がSHAZNAの曲を聴いていたことを明かしたり、IZAMが吉岡をライブに誘ったりして交流を深めた。その後、IZAMが吉岡のために作った曲をプレゼントして交際を申し込み、晴れてカップル誕生となった。

さらにIZAMは、吉岡への本気度を証明するため、交際開始の時点で、吉岡の所属事務所に挨拶に行くことを決意。スーツ姿のIZAMは、事務所社長の待つ料亭に足を運んだが、役員までもがズラリと勢揃いしていたことで動揺。重々しい雰囲気の中、IZAMは頭をついて吉岡との交際を告白。無事認めてもらえた二人は、帰りの車中で熱いキスを交わし、喜び合った。

そんなエピソードを明かしたIZAMに対し、ゲストの西川史子が「本当に挨拶に行ったの?(役員たちは)あんなにいらっしゃったの?」と質問すると、IZAMは「いらっしゃいましたね」としみじみ回答。続けて、同じくゲストの入山杏奈(AKB48)が「SHAZNAは正直知らない」とストレートな発言をすると、IZAMは「カチンと来る」と苦笑、スタジオは大いに盛り上がった。

この日は、元乃木坂46の宮沢セイラと前K-1王者のト部功也が、相模湖を舞台にキャンプデート。昼食作りやウィンタースポーツで仲を深めた後、キャンプファイヤーを囲みながら熱いキスを交わしていた。

2月21日(金)放送の「沸騰ワード10」は、アルピニスト・野口健と、その一人娘・野口絵子ちゃんに密着。野口健といえば、25歳で世界最高峰・エベレストに登頂し、当時の七大陸最高峰の世界最年少登頂記録を更新した登山界のレジェンド。娘の絵子ちゃんは、現在ニュージーラ

ページトップへ
Twitter Facebook