綾瀬はるか主演の新ドラマ『わたしを離さないで』(TBS系列、毎週金曜22:00)が、1月15日(金)より15分拡大でスタートする。

本作は、英国のベストセラー作家カズオ・イシグロが2005年に発表、同国内で100万部を超える大ヒットとなった同名小説を、舞台をイギリスから日本に置き換えてドラマ化。世間から隔離された施設で“良質”な教育を受けてきた3人の子どもが、ある日、生まれながらにある使命を与えられた“特別な子ども”であると教えられる。自らの“本当の運命”を知った3人が絆を求め、人を愛することで生きる希望を得ようとする、愛情、友情、絶望、希望、生と愛が絡み合うヒューマンラブストーリーとなっている。

11日に行われた制作発表にて、綾瀬は「残酷な運命を背負った若者たちがどう生きていくかが描かれたドラマです」と紹介。スタート前に明かせる情報が少なく、その理由については「役柄の設定が特別で難しくて……」と含みを持たせた。第1話では、綾瀬演じる恭子、三浦春馬演じる友彦、水川あさみ演じる美和という、過酷な運命を背負った3人の幼少時代の様子が描かれると共に、その運命とは何なのかが明らかになる。

[第1話]山中にある陽光学苑では、子どもたちが寄宿舎で生活を共にし、教育を受けていた。ある日、恭子(幼少期・鈴木梨央)は、同級生の友彦(幼少期・中川翼)が男子児童にからかわれ、癇癪を起こしている場面に遭遇。女子児童のリーダー・美和(幼少期・瑞城さくら)に「放っておけば?」と言われるも、恭子は思わず駆け寄る。しかし友彦は、そんな恭子を突き飛ばし、女子たちの顰蹙を買ってしまう。

ある日、校長の神川(麻生祐未)の教育理念に魅かれ志望した龍子(伊藤歩)が新任教師として赴任してくる。しかし龍子は、苑内で子どもたちへの教育を見て、違和感を覚えていた。そんな時、恭子たちは神川から“大事なこと”を教えられる。「あなたたちは生まれながらにして“使命”を持っているのです」と──。

ページトップへ
Twitter Facebook