新ドラマ『女くどき飯 Season2』(MBS/TBS系ネット、TBSでは1月19日スタート・毎週火曜25:11、MBSでは1月17日スタート・毎週日曜24:50)の取材会が、先日MBS局内にて行われ、主演を務める貫地谷しほりが見どころを語った。

2015年1月に放送された連続ドラマ『女くどき飯』の続編となる本作は、彼氏いない歴6年になるアラサーの駆け出しライター・神林恵が、毎話さまざまなタイプの男性とご飯デートを重ねるコメディドラマ。懇意にしている編集者から結婚報告を受けて動揺する恵は、前回同様、一般応募者の男性が選んだ飲食店でご飯デートをしながら口説いてもらう連載企画「女くどき飯~Season2~」を提案される。恵は、この連載の仕事を通して、理想の男性を追い求めていく。

神林恵を演じる貫地谷は「昨夏には続編のお話を頂いていたので、決まるのが早いなと驚きました」と続編の制作が決まった時の心境をコメント。「前作の時はバタバタ撮影していたのですが、今回はクランクイン前に全話の台本を頂いたので、最初の段階でさまざまな設定が頭に入っていました。なので、前作よりリアリティを出せたと思います。妄想シーンもパワーアップしていて悪ノリだらけになっています(笑)」と語った。

ドラマのメインとなる食事シーンの撮影について聞かれると「トリュフが乗っている料理は印象的でした。わかりやすい高級食材が出ると、“全部食べとかなきゃ”と思ってしまうんです(笑)」と笑顔を見せるも「食べてセリフを言って……とやっていると、すぐにシーンが終わってしまうので、意外と食べられなかったです。もっと食べたかったなあ」と振り返った。

また、恵が披露するデート服も見どころのひとつ。「衣装も全部可愛いんですよ。派手なデザインが多かったけど、着てみたら意外といけたので、もっと挑戦してみたいという冒険心が芽生えました。あとは部屋着も可愛いです。第1話ではバンダナを着用しているのですが、合わせるのが楽しかったのでぜひ見ていただきたいです」と目を輝かせた。

前作では、桐山漣、グァンス(超新星)、大東駿介らイケメン俳優陣が登場し、絶品グルメを武器に恵をノックアウトした。貫地谷は、前作を振り返り「全部良かったのですが、第7話が印象的でしたね。恵の妄想の中で、グァンスさん演じる韓国人留学生が脱ぐシーンがあるのですが、実際にグァンスさんが脱がれた時、体が素晴らしすぎて思わず笑ってしまって。“私ってこんなにスケベな一面があるんだ”と楽しんでしまいました(笑)」と赤面しながら語った。また、自身の好みのタイプについては「肉食系男子が好きです」と満面の笑みで明かした。

最後に、貫地谷は「恵は、フラれてもめげない勇敢な女性。毎回デートする男性に“この人何なの!?”と思われているし、最後はしっかりどん底に落とされている。これを繰り返している女性です。これくらい皆さんも強く積極的になって頂ければ。気楽に見て欲しいです」とアピールしていた。

嵐の大野智主演で、2014年4月に金曜ナイトドラマ枠で放送した『死神くん』。 同作を11月1日(日)からアンコール放送および、TVerで無料見逃し配信することが決定した。 えんどコイチ氏の「幻の名作」と言われた作品『死神

ページトップへ
Twitter Facebook