女優の中谷美紀が、2016年4月よりスタートする新ドラマ『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』(TBS系列、毎週金曜22:00)の主演に決定。中谷がTBSドラマに出演するのは『JIN-仁-完結編』以来5年ぶり、主演を務めるのは15年ぶりとなる。

本作は、「夢をかなえるゾウ」、「LOVE理論」などの著書で知られる作家・水野敬也が、徹底した“男目線”による女性のための恋愛論を綴った恋愛マニュアル本「スパルタ婚活塾」を、オリジナルドラマとして脚色。晩婚化、非婚化が進む現代を舞台に、独身・容姿端麗・年収1500万の“上から目線”なアラフォーヒロインと、超ドSな毒舌恋愛スペシャリストが繰り広げる、スタイリッシュでリアルなスパルタラブコメディとなっている。

中谷が演じるのは、美容皮フ科のクリニックを開業する女医で、「自分は結婚しようと思えばいつでもできる!」と高をくくり、シングルライフを満喫しているヒロイン・橘みやび。女友達と訪れた割烹料理店で、超毒舌な店主から、自分が「“美人・キャリア・アラフォー”という三重苦を背負った“恋愛弱者”に陥っている」という受け入れがたい現実を突きつけられ憤るという役どころだ。

本作について、中谷は「私の人生そのものを言い当てているかのような物語。瞬く間に引き込まれ、抱腹絶倒しました。私も“結婚できないんじゃなくて、しないんです”と思っていたし、そう言い続けてきましたが、原作や台本を読んで“本当は私も結婚しないんじゃなくて、できないんじゃないだろうか?”と不安になりました」と胸中を告白。今回演じる役柄については「みやびは社会的には成功者かもしれませんが、愛犬と漫画、時折会う女友達とお節介焼きの母親が彼女の人生の全てです。5年間も恋人のいない彼女が、果たして女性としての幸せをつかむことができるのか。私も毒舌恋愛論に耳を傾け、みやびと共に女性としての魅力を磨きたいと思います」と気合を入れる。

また今回、普段は絶対にしないという女性らしい“男受け”ファッションにチャレンジしたという。「仕事に身を捧げ、頑張りすぎている女性たちが少しでも希望を持って下さるように、強烈な毒と少しのエロスを込めた、明るく愉快な作品を目指します」と目を輝かせる。

さらに共演には、藤木直人瀬戸康史大政絢徳井義実(チュートリアル)、夏木マリが決定。藤木が演じるのは、みやびが訪れる和風割烹料理店「とくら」の店主・十倉誠司。男前な雰囲気を漂わせているが、みやびの前に自称“恋愛アドバイザー”として立ちはだかり、「プレ更年期のうぬぼれ女ドクター」など“スパルタ恋愛術”という名の鋭いメスを突き立てる“俺様野郎”だ。十倉について、中谷は「世の女性たちは、はっきりと物申す、十倉のような男性を待っていたのかもしれません。藤木さんに罵倒されることがだんだん心地良くなって来ました」と語っている。

そして瀬戸は、みやびの営むクリニックに出入りするオーガニックカフェのデリバリースタッフで、愛らしいルックスと愛嬌の良さから“フェアリー男子”と称される橋本諒太郎役に決定。大政は、みやびのクリニックの看護師の一人で、精力的に婚活している野村梨花役。徳井は、みやびが高校時代に思いを寄せていた同級生で、久々の再会を機に再びみやびから恋愛対象にされる商社マン・桜井洋介役。そして、みやびの母・昭子を、中谷とは約20年ぶりの共演となる夏木が演じる。

『夜行観覧車』『Nのために』『マザーゲーム~彼女たちの階級~』などを手がけた新井順子プロデューサーによると、主人公のキャスティングで最もこだわったのは、“独身”であることだという。「リアリティを求めるには、役者も主人公と同じ条件にあるべきだと思いました。中谷さんは女性から見ても素敵で超絶美人、そして独身。これ以上の適役はいないと思いました。また、おっとりしたイメージの中谷さんが、プライドの高い“上から目線”の女医役をコミカルにやるとどうなるのだろうと、大変興味がありました」と起用理由を明かす。中谷については「食や美、芸術などに対する知識や考えが勉強になることばかり。どうしたらこんな風になれるのだろうと、日々感銘を受けます」と感激している様子。最後に「みやびは美しくパワフルで思わず応援したくなる、愛すべきキャラクターとなりました。ドラマを見るすべての方が元気になり、“ちょっとこの恋愛術を使ってみようかな”と思える、楽しいドラマを目指します」と意気込みを語っている。

奥菜恵が、要潤主演のオトナの土ドラ『悪魔の弁護人 御子柴礼司 〜贖罪の奏鳴曲〜』(東海テレビ・フジテレビ系、毎週土曜23:40~)の第1話(12月7日放送)に出演。奥菜は、“夫殺しの主婦”の罪に問われている津田亜季子という難しい役どころで登場している。

ページトップへ
Twitter Facebook