二宮和也が立川談春を、ビートたけしが立川談志を演じることで話題のスペシャルドラマ『赤めだか』(TBS系列)の放送日が、12月28日(月)に決定。また笑福亭鶴瓶薬師丸ひろ子宮川大輔柄本時生新井浩文北村有起哉といった新キャストが発表された。

同作は、2011年にこの世を去った伝説の落語家・談志の人柄とその一門を、談春が弟子目線で描いた同名小説が原作。17歳の談春が、天才、異端児と言われた談志のもとに弟子入りし、新聞配達をしながら生計を立て、弟子仲間たちと苦楽を共にしながら成長する姿と、誰よりも落語を愛し、落語に挑み続けた談志の破天荒な生き様が、超豪華キャストで鮮やかに描かれる。

原作を泣きながら読んだという鶴瓶は、番組のナビゲーター役として出演。二宮とたけしに対し、「この二人がそれぞれの“談志”、“談春”をやるのであれば、必ず良いものができると確信しています」と太鼓判を押す。また「落語の世界にいる自分が言うのも何ですが、このドラマを見て“落語ってカッコイイ世界だな”と思っていただき、落語界特有の師弟関係などにも注目して見ていただけたら」と語る。

さらに、落語が好きで、今回はナレーションで出演する薬師丸は「若い頃はよく落語のCDを聞いていたので、今回改めて落語って楽しいな、と思い出させていただきました。落語に興味のある方はもちろん、まったく落語に興味の無い方でも、立川一門にはこんな物語があったんだと想像しながら、ぜひご覧になっていただければ」とアピールする。

そのほか、宮川が談春の兄弟子・立川関西(かんさい)役に、柄本が立川談かん(だんかん)役に、新井が立川ダンボール役に、そして北村が立川談々(だんだん)役に決定している。

伊與田英徳プロデューサーは「談春役の二宮さん、談志役のたけしさん。この二方のファーストビジュアルを拝見し、期待値が高まってワクワクしてきました。そして、兄弟弟子の方々の個性がどのようにぶつかり合っているのか、とても楽しみです。お二人のことをよく知っていらっしゃる鶴瓶さんがどんなナビゲーターをするのか、そして落語が好きな薬師丸さんの魅力的なナレーションが楽しみです。年末まで待てません! 皆さん、楽しみにしていてください」とメッセージを寄せている。

反町隆史が主演を務めるドラマBiz『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』(テレビ東京、毎週月曜22:00~※初回は21:00~2時間SP)が7月22日からスタート。18日に制作発表記者会見が行われ、反町をはじめ、小池栄子、堀井新太、和久井映見、橋爪功が出席した。

ページトップへ
Twitter Facebook